Galaxy S7 edge (SC-02H)を1ヶ月使ってみた総評

Galaxy S7 edge SC-02H

Galaxy S7 edge SC-02H


物理的にバッテリー3600mAhほんとにこの中に入ってんの!?!?
という印象を受ける5.5インチながら片手で余裕に使えるハイエンド端末、Galaxy S7 edge。エッジスクリーンが印象的な曲がってるディスプレイを持ちます。

スペック詳細は公式を見てください。
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc02h/

2016年5月19日よりドコモとauより発売が開始されました。
私はその週末の5月21日に息子とともに某量販店で在庫のあったピンクゴールドを衝動買い(新規契約)しました。
飛び回る息子をあやしてくれた店員さん、ありがとうございました。

●外観や質感などについて
画像レビューなど多くありますので、ここは言葉で表現します。
外箱はiPhoneより金がかかってそうな片手めくりで開く黒地の厚紙を使い、機種名とキャリア名が箔押しされています。
箱だけで1000円ぐらいかかってるんじゃないでしょうか。非常に満足度は高いです。
本体は前面が保護テープにくるまれていて、剥がすのがめんどくさいです。
特に背面に2つあるQRコードと電子マネー系のシールが剥がれにくいので、自宅で剥がす事をおすすめします。
また、本体上部のSIMトレー付近にQualcomm4Gシールが貼ってあります。
すぐ剥がれそうなシールなので、一緒に派がしてしまいましょう。これで全裸です。

本体の質感は全面がゴリラガラス4で覆われていること、下地にアルミニウムを利用していることもあり、非常に高級感があり、所有欲が満たされます。
ピンクゴールドは光によって見え方がかなり変わりますが、ドピンクのような見え方は全くしないので、男性でもマッチョでもオールラウンドで持っていて違和感はありません。

ケースはとりあえず量販店のポイントが10%ついたので、クラレが作った素材を使用したラスタバナナさんのイージーハードケース(ブラック)にしました。
エッジ誤爆を少なくしてくれますが、電源ボタンが押しにくいのが難点といえば難点です。
ただ、それ以外はハードコートされていることや薄いのに軽い「クラリティR]というクラレさんの特許素材を利用していますので、結構満足しています。
音量ボタンは押しにくくなりません。
このケース、ワイヤレス充電にも対応しているのでQiを多用する方でも問題ありません。
「ラスタバナナ Galaxy S7 edge SC-02H/SCV33 用イージーハード」

●料金、契約内容について
スマートフォンの契約内容は非常に複雑ですし、量販店では訳の分からないオプションに入らないと契約させない、一括で払っても頭金が発生するなど日本語が通じないので諦めて後で解約する覚悟が必要です。

(ドコモ版)
以下全て税抜きです
・カケホーダイライトプラン:1700円
・データMパック(5GB):5000円
・spモード:300円
・月々サポート適用額:-1215円
・ユニバーサルサービス料:2円
・eビリング割引料:-20円
合計で5767円の計算です。
これは契約翌月の請求金額となります。
初月は、日割り請求で上記の料金かつ手数料として
・契約事務手数料:3000円

それにしても月々サポートが少ないので維持費が結構高いです。
ケータイ補償/お届けサービスが500円なので、これを付けると6000円コースです。
当方はケータイ補償のみ契約を残しました。どれだけ壊しても7500円で新品になるのは最高です。

●カメラについて
文句のつけようがありません。最強です。
現時点でライカ認定カメラを搭載したファーウェイのP9/Plusぐらいしか比較対象がいないのではないでしょうか。iPhoneを余裕で超えています。
撮影モードがやたら細かく、食事モードなんてものもあったり、マニュアル撮影機能が非常にたくさん搭載されています。
基本はソニーの裏面照射型CMOSの最新版であるIMX260を使っている(一部サムスン製あり)こともあり、暗いところでもf1.7のレンズを装備し相当明るく撮影できます。
ただ、iPhoneのような自然な色にはならないので、その場合は手動で露出を弄りましょう。
シャッタータイムラグもほぼなく、起動も0.6秒と謳うに相応しい早さで、コンデジは全く必要なくなりました。
インカメラについては女性に嬉しいリアルタイムプリクラ?機能が搭載されています。
SnapChatのような自撮りをよくする人には絶対お勧めです。
顔を細く、目を大きめに、顔の輪郭をリアルタイムで補正する機能があるんですが、実際に使ってみると誰でもイケ顔になれるのでびっくりしました。
画素数や明るさも文句なく、割と広角なのでパーティー撮りも可能です。

フラッシュはもちろん自然に近い発光をします。
また、フラッシュの下にあるのは「心拍測定器」で、赤く光って心拍数を測定できます。
これはサムスン純正のアプリに現状は限定されています。
あまり使うことはないでしょう。

オートフォーカスも機能としてデュアルピクセル!という言い方をしていましたが、そういうのを抜きにして異様に早いです。
iPhone6s系のカメラAF速度を1としたら、こちらは10ぐらいのスピード感です。
常時ピントが合っているので、特にAFを意識する必要がありません。驚愕ですよこれは。
マクロと無限遠の切替も一瞬でビックリします。是非お試しを。

後はいわゆるバーストモード(押しっぱなし連射機能)を使う場合のみ、本体ストレージへの記録となります。
記録速度がmicroSDカードでは追いつかないからという理由だと思います。
またこのバースト速度が速すぎて1秒で15枚ぐらい取れる勢いですから、致し方ないのかもしれません。
microSDXCカード200GBにも対応と謳われていますが、ある程度高速なら外部ストレージも使って欲しいかな、とは思います。

●おサイフケータイ機能について
先日、無印良品など一部のカードリーダー/ライターで利用不可の案内が出ていました。
今月中には修正アップデートがあると思います。
その他は他社・他機種と同じ使い方で特に違和感はありません。
モバイルSuica認定を受けているので、当然ですね(世界一厳しい基準)。

●防水・防塵について
本体に10個以上穴があいているのに本当に防水なのか疑問ですが、マジです。
汚れたら水で洗い流せます。
水をかけただけで誤動作するようなタッチパネルでもないので、水辺でも使えます。
もちろん、お風呂でアンテナ付けてフルセグを見る、なんてことも可能です。

●充電関連について
QuickChargeは2.0までの対応で、夏モデルには3.0対応のものもあります。
ただ、2.0の急速充電で何ら不便を感じていないこと、遅いと感じた事はないので、実は3.0の規格自体、あまり必要ないのでは、と思ってしまいます。
また、この機種はワイヤレス規格のQiに対応していますが、まだ試してはいません。
充電ポートはmicroUSBで、恐らくキャップレス防水のType-C型がまだ無いという理由だと思いますが、当然前の機種の付属品などが使い回せるので、割と便利です。
Type-Cじゃないとダメ、という時代は当分来ないと思いますので、2年程度であればmicroUSBで充分でしょう。

●スピーカーについて
防水を優先した結果、やや寂しい音です。
シャッターの音も小さめにはなりますが、スピーカーが本体の右下にしかないので迫力は全然ありません。
NEXUSのような全面スピーカーとは比べるものではないです。
指でふさぐとほとんど聞こえなくなるレベルです。

●ハイレゾ対応について
当方の持っているNW-ZX2、SHURE535LTDの組み合わせでZX2をS7eに入れ替えながらハイレゾ曲の「一度だけの恋なら」(ワルキューレ)を聞いてみました。

まず、専用機には勝てないのは分かっていたので音の特徴を申し上げます。
・解像度はある程度あるが、200Hz~500Hz付近の低音が持ち上がりすぎ
・高音は低音ほど強く出ないがある程度聞こえる
・ハイレゾとmp3の128kを比較したら違いは分かる程度に高音質
・恐らくロック系の音楽が合う
というところでしょうか。
一般人であれば、この機種でハイレゾ曲を購入しても問題は無いレベルに仕上がっています。

●フルセグ/ワンセグについて
受信感度はそんなに良くありません。
付属のアンテナを付けていれば、走行中の山手線でもフルセグが閲覧できます。
大手町付近だと高層階であれば室内でもアンテナさえついていればフルセグ受信します。
フルセグとワンセグは自動切り替えですが、これはスムーズに切り替わります。
フルセグのキレイさ、ハンパねえっす。

●エッジスクリーンについて
誤爆します。正直、大きさとトレードオフなので何とも言えませんが、ケースを付ければ誤爆はほぼなくなります。
エッジ用のアプリが本体右側ディスプレイ上部からタッチで出すようになっているのですが、左手で持つとなかなか出しにくいです。
エッジ自体は画面に没入感を与えており、個人的には好みですが普通に掴んでいるだけで誤爆するのはどうかと思います。
アップデートで軽減できる範囲ではあるので、調整を期待しています。

●ネットワーク関連について
通話についてはVoLTE HD+に対応しているのでFMラジオ並の高音質で気持ち悪いぐらい良い音です。
ブラウザはSブラウザがプリンストールされているのですが、割と軽くて使いやすいです。
ただ、何故かベンチマークは相当な数値なのに、JavaScriptの実効速度が遅いのでWEB関連の表示がiPhoneに劣ります。
通信速度はドコモの3CC CA対応Premium 4Gで下り最大375Mbps、上り50Mbpsと謳っていますが、実際には外出先で実測値150Mbpsぐらいが最速でした。
ほとんどの地域で都心であれば50Mは出るので、外出先で4K画質のYouTubeも途切れることなく見られますが、これだけ早いとデータ消費量が怖いです。
割とキャリアアグリゲーションをしやすく、山手線に乗っているとしょっちゅう3波掴んでいることをサービスモードから確認できます。
サービスモードはダイヤルパッドから「*#0011#」と押すだけで立ち上がります。
今掴んでいるバンドや帯域幅、CAしてるならそのバンドと帯域幅、アンテナ強度が英語ですが分かります。
朝の品川駅でもスピードテストしてみましたが、普通に混雑していても通信に問題がなくなっています。
基地局の方の努力かと思いますが、混雑して使えない、ということは日常的に起こりにくく、ネットワーク品質はやはりナンバー1なのではないかと思います。

●ディスプレイについて
有機ELは焼き付くだとか直射日光があると見にくいだとか言われていますが、S7eに搭載されている有機ELディスプレイは世代が違うのか、NEXUS6Pのものより圧倒的にキレイかつ明るくなっています。
直射日光下でも閲覧性に不満を感じません。NEXUSだと見えないような明るさでも大丈夫ですので、これについては文句のつけようがありません。
有機ELがここまで来るとは思っていませんでしたが、2017年のiPhoneで有機ELへ変更という話があるのは、割と本気なんじゃないかと思います。
そのくらいのレベルで、今回の機種のレビューで1、2を争うハイスペックなパーツです。

●指紋認証について
割とシビアで、登録した指の方向まで合わせないと解除されない時があります。
解除されるときは一瞬でロック解除されますが、微妙にまだ洗練されていない感があるのは否めません。
指紋認証はやはり円形が本来ベストなのではないかと思います。

●プリインストールソフトウェア・キーボードについて
全部試しているわけではないんですが、ゲームランチャーは非常に良いです。
ゲーム中にタスクキーや通知の無効化が出来るので、ゲームに集中できますし、画面を録画したり、スクリーンショットを撮ることもできます。
特に、今流行のデレステで威力を発揮します。エッジスクリーンということもあり、両手持ちの場合は必須かもしれません。
その他で強烈にプッシュするようなものは特にないです。
文字入力については、純正が使いにくすぎるのでGoogle日本語入力にするのが吉かと思います。フリックが画面が5.5インチの割にやりやすく、片手で余裕なのがびっくりしました。

また、ここで述べるのは難しいかもしれないのですが、時期AndroidのNから実装される画面分割機能に既に独自対応しており、マップとブラウザの同時起動が可能です。
また、Windowsで言う所の最小化を画面上ででき、かつ小さくウィンドウを展開できるため、Twitterなどのアプリを小さくして裏側で全画面でブラウザを見るようなことも可能になっています。
メモリが4GBあるからか、余裕を感じます。

そしてサムスン製スマホ恒例の「スマートマネージャー」ですが、もちろんついてます。
メモリ解放、内蔵ストレージのクリアなどを行ってくれるシステムソフトです。
なにかおかしいときはコレで一発KO可能です。

緊急省エネモードは電源長押しで再起動・電源オフボタンと同時に出て来ますが、非常時に使うことを覚えておけばよいと思います。

●結局どうなのか
2年前のAndroidを使っているような方は是非機種変更をおすすめします。
あらゆる面で機能が向上しており、動作速度なども含めて感動すること請け合いです。
ただ、数ヶ月で買い換えるぐらいのガジェクラな方々だと、維持費の問題やエッジスクリーンへの慣れ、ブラウザの表示速度のあたりで文句が出そうだなと感じます。
まだアップデートが1回も降ってきていないのでセキュリティパッチが4月のままであること、アップデートでどの程度まで修正されるかにもよりますが、現時点でも相当レベルの高い端末であることは間違い無く、2016年夏では一番売れる端末でしょう。
カメラよし、音質よし、ディスプレイよし、スピードよしと良いとこだらけです。
あと、内蔵ストレージの速度が滅茶苦茶速いのも魅力です。

●個人的にはここが良い
カメラは完全にこちらに切り替えました。最強ですね。動画も4Kを10分取れます。
光学式手ぶれ補正は無いですが、シャッター速度が速いので特に必要とは思いません。
あとはディスプレイのキレイさ加減、おかしいだろ。
YouTube等の精細な画像を閲覧すると、もう「この画像はハメコミです」みたいなテロップが出てもおかしくないぐらい違和感のあるレベルでキレイです。
持ちやすいとか、重量感もそうですが、持ち運びは非常にしやすいです。
NEXUS6Pだとアタマ1個分胸ポケットから出てしまいますが、こちらはちょうど良い感じに収まってくれます。

●個人的にはここがダメ
ブラウザの表示速度は結構不満です。
Safari並のさくさく感を期待してはいけませんが、どこまで遅いわけでもないです。
まぁ妥協できるかな、程度です。
エッジ部分の誤爆はいい加減にしろと思います。
通知欄を一括消去するボタンが何度押しても押せない事があったり、割とイラっときます。
指紋認証も、もうちょっとだけ精度が上がれば文句はないですが、指を良く使う方向に向け直して再登録したほうがいいかな?と思っています。

以上、めちゃくちゃ無駄に長い文章になりましたが、1ヶ月付き合ってみて感じたままを書き殴ってみました。
これから買う方に何かの参考になれば幸いです。
ドコモ版はまだブラック・ホワイトが品切れているようですのでご注意下さい。






カテゴリー: Android, docomo, ガジェット関連 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です