Apple、 Swift2.2を本日よりオープンソース化して公開

Swift2.0ロゴ

Swift2.0ロゴ


以前から報じられていましたが、AppleがXcodeなどの統合開発環境でObjective-CとかJavaとかCとかの言語を色々足して割ったSwift言語がとうとうOSS化されました。(現時点ではSwift2.2)

利用にはApache Licenseが適用されます。
・ライセンス条件
他のフリーソフトウェア向けライセンスと同様、Apache Licenseではユーザーがそのソフトウェアの使用や頒布、修正、派生版の頒布をすることを制限しない。
Apache Licenseは、頒布される二次的著作物が同じライセンスで提供されたり、フリーソフトウエア、オープンソースソフトウェアとして頒布されることを要求しない。要求するのは、ユーザーがそのソフトウェアにApache Licenseのコードが使われていることを知らせる文言を入れることだけである。従って、コピーレフトライセンスと異なり、Apache Licenseコードの二次創作物のユーザーには、フリーなライセンスが適用されない可能性もある。
ライセンスされたファイルそれぞれに元々ある著作権と特許権の記述はそのまま保持されなければならず、何らかの修正が施されている場合は、その旨を追加記述しなければならない。





iPhoneのアプリ開発はMacのみでしかできませんでしたが、今はWindowsでも出来ますよね。それがパワーアップした感じと思ってもらえればOKかと思います。

AppleではSwift言語の今後の利用に関してさまざまなプランを用意しており、新しく作られた swift.org で順次公開していっていますがアクセス集中により今は開くのが難しい状況です。

繰り返しになりますが、デベロッパーはSwiftを用いてデスクトップだけでなくiOSアプリも作成できるようになりました。
オープンソース版は従来通り、Linuxバイナリが含まれます。またファイルやフォルダーを指定してプログラムを走らせるためのコマンドラインツールも用意されています。
Swift言語は今日(米国時間12/3)から利用可能になりましたっ。


カテゴリー: Apple, iPhone タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。