Ubuntu Linux 16.04 LTS (Xenial Xerus) がついにリリース!!

Ubuntuロゴ PC
Ubuntuロゴ

Ubuntuロゴ

Ubuntuロゴ


Ubuntu 16.04 LTS リリース
https://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1604

Ubuntuはまだバージョンナンバーが1桁の頃から使っていましたが、一番初心者向けで取っつきやすい感はありました。バージョン番号の下の2ケタはリリース月に合わせるので04になってます。10月リリースもあるので、だいたいUbuntu XX.04かXX.10になります。
今は特にbash on Windowsで一躍有名になりそうなCanonicalが運営元のLinuxディストリビューションの一つです。今年でLTS採用10周年、おめでとうございます。
パッケージシステムはapt-getでやる奴、といって分かる方には説明が不要なものです。
yumじゃないのでご注意下さい。

また、LTSと付いていることから、サポート期間が長く5年間もありますので、Linux環境をとりあえず構築するにも最高ですし、大規模サイト構築も保守的運用でも利用可能です。
特にZFSやビックデータ系のシステムを完備しているので、家庭内サーバ程度から企業の基幹システムまで対応できるでしょう。

ダウンロードは以下よりデスクトップ版、サーバ版、クラウド版を選択します。
http://www.ubuntu.com/download/desktop
普通はデスクトップ版ですね。
あと、ダウンロード方法がよく分からない方に、日本から一番近くて世界で一番早いRIKENのサーバを以下にご紹介します。
本来はtorrent推奨ですので可能な方はtorrentをお使い下さい。
http://ftp.riken.jp/Linux/ubuntu-releases/xenial/
torrentファイルはこちらにあります。
http://releases.ubuntu.com/16.04/

動作推奨環境:
2 GHz かつデュアルコア以上のCPU
2 GB 以上のメモリ
25 GB 以上のHDDもしくはSSD容量
DVDもしくはUSBドライブからのインストール環境
ヘルプを参照するためのインターネット接続

人柱向けにネットブート用のイメージも出ていますが、ここからインストールまでやれる人はそもそもこの記事読む必要がなさそうです。
http://cdimage.ubuntu.com/netboot/16.04/

また、日本語RemixCDを出しているチームが近日中に日本語対応版のRemixCDをリリースするものと思われます。早いと2日ぐらいで出してきますが、遅いと数週間かかります。
まだリリースされていませんが、ダウンロード場所は以下となります。
リポジトリを追加すれば同じ環境が構築できますが、わからない方に向けたものです。
https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix
一応、このページの下側にオリジナルイメージからの追加方法が書いてあります。

ZFS結局サポートしたんですね。ライセンス問題大丈夫なのかな?
ダウンロードサイズはだいたい1.4GBですのでDVDに焼きましたが、入れるマシンが無い…
(DVDブートでインストール無しに試せる機能がありますよ!)





コメント

タイトルとURLをコピーしました