9.7インチ版iPad Proと4インチのiPhone SEがリーク通りに発表

iPhone SE

iPhone SE


これは迷走なのか、はたまた逆転の一発なのか。

iPad Proの大きい方は白ロム業者が大量に在庫を抱えているというお話を伺っています。
小型化したからといって、売れるのかは疑問です。
ただ、4スピーカーの音はほんといいですし処理速度は圧倒的なのは間違いありません。
ほとんどの方はペンを使わないユーザーだと思われますので、爆発的に売れるというより、買い換え需要をしっかり満たす方向に転換したのかもしれません。
一昔前のような圧倒的売上にはつながらないでしょうが、堅実なアップデートと言えます。

一番のトピックは、256GBのモデルが出たことです。
これは非常に重要で、ライフスタイルをずっとiPhone系で蓄積してきた方は、4K撮影が可能になった時点で相当のストレージ逼迫状態になっていると推察されます。
そういうのを考えなくて良くなる容量が256GBです。今当方は128GBモデルを利用中ですが、既にストレージが30GBちょっとしか残っていません。
iPhoneを次に買い換える時の条件が256GBモデルがあるかないか(当方基準)です。

iPhone SEについては、為替換算で1ドル132円という割高な価格が気になります。
発表時点2016/03/22のドル円は1ドル111円ですから、ここから130円まで戻す展開は考えにくいです。
115円ぐらいでレートが改訂された頃、値下げがあるんじゃないでしょうか。
少なくともiPhone 7 が出るまでは一般の方は様子見がおすすめかと思います。
今はキャリア版もお買い得感がありませんからね。
(ガジェクラの方々はそんなの関係ないですから買うでしょう)
SoCスペックはほぼiPhone6s系と同じですが、アンテナがCat.4、TouchIDが一昔前のモデルになっており、中国や新興国向けのモデルなのかな、という印象です。
(iphone 6s/PlusのCatは6かつTouch IDは第2世代で爆速です)
お値段もそうですが、ストレージが16GBと64GBしか無い時点で論外です。
ただ、大きさがほぼ5sと同じでケースなどがそのまま流用できそうなので、この大きさが良い!という方には待ち遠しかったモデルではないでしょうか。

また、AppleWatchも安い奴だけ値下げされていますが、新型は今年出なそうな予感ですね。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, アップデート, ガジェット関連 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です