Apple、NightShiftモード(ブルーライトカット)等を搭載したiOS9.3をリリース。

Apple Apple
Apple

Apple

Apple


以下、Appleのリリースノートより引用致します。

総括:
このアップデートでは、iPhone、iPad、iPod touchの“メモ”、News、“ヘルスケア”、Apple Musicの機能が改善され、Night Shiftという新しい機能が追加されます。
Night Shiftでは夜間にディスプレイの色が暖色系の色域に切り替わるため、心地よい眠りに役立つ可能性があります。
このリリースには、追加改善やバグの修正も含まれます。

Night Shift:
Night Shiftをオンにすると、iPhone、iPad、iPod touchの時計と位置情報を使用して現在地の日の入時刻が調べられ、日の入後にディスプレイの色が自動的に暖色系の色域に切り替わります。これは心地よい眠りに役立つ可能性があります。
(下から上に引き上げるドロワーにアイコンがあります)

メモのロック:
個人情報を含むメモをTouch IDまたはパスコードで保護できます
メモをアルファベット順、作成日順、または編集日順に並べ替えることができます
スケッチ中に2本指でスワイプするか、“新しいスケッチ”ボタンをタップして新しいキャンバスをすばやく表示できます
各メモの下部にある新しいチェックリストボタンで、リストを簡単に作成できます
メモ内のイメージや添付ファイルを長押しして、大きなイメージや添付ファイルの代わりにサムネールを表示できます
“メモ”の中で撮った写真やビデオを“メモ”のみに保存するか、“写真”にも追加するかを選択できます
Evernoteエクスポートファイルを長押しして、ファイルの内容を“メモ”に読み込むことができます

ヘルスケアの機能改善:
体重、ワークアウト、睡眠など、選択したデータの種類に対応する他社製の関連Appが“ヘルスケア”Appに表示されます
“ヘルスケア”のダッシュボードで、Apple Watchのムーブ、エクササイズ、スタンドのアクティビティデータとゴールがサポートされます
ホーム画面から3D Touchのクイックアクションを使ってダッシュボードやメディカルIDに簡単にアクセスできます
他社製AppからHealthKit経由でApple Watchのアクティビティリングと概要にアクセスできるようになります

Apple Musicの機能改善:
Apple Musicカタログの曲をライブラリに追加しなくてもプレイリストに追加できます
iPadでミュージックビデオをフルスクリーンで視聴できます
“Radio”タブからBeats 1の放送内容を直接調べられます — Beats 1を再生する必要はありません
“再生中”画面で、現在再生中の曲の名前をタップしてアルバムに移動できます
Apple Musicカタログでアルバム内のどの曲が人気かを確認できます

写真の機能改善:
“複製”をタップしてLive Photoから静止画像を抽出できます。Live Photoを複製するか、静止画像のみを複製するかを選択できます
iCloudフォトライブラリに保存されているフルサイズのオリジナル写真またはビデオをダウンロードする際のパフォーマンスが向上します
Air DropまたはiMessageにより、iOSとOS Xの間でLive Photosを共有できます

iBooksの機能改善:
iBooksでPDFをiCloudに保存してすべてのデバイスで使用できるようにする機能が追加されます
以前にiBooks Storeで購入したオーディオブックのダウンロードのサポートが追加されます
ファミリー共有を使って、購入済みのオーディオブックを家族と共有する機能が追加されます
マンガをより快適に読める新しいコントロール。ページめくりが速くなり、シンプルなコントロールでテキストを拡大できます
Apple Pencilのサポートが追加され、お気に入りの一節を後で見返せるようにハイライトできます

教育の機能改善:
複数の生徒が1日の異なる時刻に同じiPadを使用できる共有iPadのプレビューが導入されます
管理対象Apple IDでのiCloudへのサインインがサポートされます
新しい“クラスルーム”Appへの対応が追加されます
ホーム画面のAppの配置を制御する新しい構成オプション
ホーム画面に表示するAppと隠すAppを決定できる新しいコントロール
iCloudフォトライブラリとApple Musicでの新しい機能制限がサポートされます

CarPlayの機能改善:
Apple MusicメンバーがCarPlayで“For You”と“New”のコンテンツにアクセスできるようになります
“マップ”の新しい“周辺検索”画面で、ガソリンスタンド、駐車場、レストラン、カフェなどのドライブ関連施設をすばやく検索できます
SiriがCarPlayでメッセージを確認または作成する際の読み上げが簡潔になります
CarPlayでさまざまなオーディオソースのサウンドレベルがイコライズされます

Dolby Digital Plus:
Apple Lightning – Digital AVアダプタを使ったマルチチャンネル出力のサポートにより、Dolby Digital Plusオーディオストリームでエンコードされたビデオの再生がサポートされます

ハードウェアキーボードの機能改善および修正:
Spotlight、“メール”、Safariのリスト内を矢印キーで移動できるようになります
“メール”でスペースバーを使ってスクロールできるようになります
Safariでスペースバーを使ってスクロールする際のパフォーマンスが向上します
ハードウェアキーボードが接続されているときにショートカットバーからソフトキーボードを表示する機能が追加されます
ハードウェアキーボードの使用時にiPadのロックを解除できない問題が修正されます
キャプティブログインページでハードウェアキーボードが反応しなくなる問題が修正されます
ハードウェアキーボードに接続しているときに、“メッセージ”の入力フィールドがショートカットバーの後ろに隠れてしまうことがある問題が修正されます

その他の機能改善:
“マップ”の交通機関で、特定の路線の行き先や駅をタップしてそれらをハイライト表示する機能がサポートされます
“マップ”の交通機関で、各経路候補に複数の路線の選択肢があるかどうかが表示されるようになります
Wallet Appでカードまたはパスのアイコンをタップして、カードまたはパスに関連するAppを表示する機能が追加されます
Apple Payで、POS端末でApple Payを使ってお店のポイントプログラムに登録する機能がサポートされます
Podcastsでビデオのフルスクリーン再生がサポートされます
“アクティビティ”Appに、主な指標の毎月の概要が表示される新しい“ワークアウト”タブと、ワークアウトの種類別にフィルタをかける機能が追加されます
iOSに移行する場合に、AndroidデバイスにインストールされているAppに基づいてApple StoreのAppの候補が提示されます
iCloudストレージの空き領域がなくなる前に、ストレージ状況とApp内通知が提示される機能が追加されます
すべてのiCloudアカウントで2ファクタ認証を使用できるようになります
スペイン語(ラテンアメリカ)のシステム言語がサポートされます
フィンランド語(フィンランド)、ヘブライ語(イスラエル)、マレー語(マレーシア)のSiriサポートが追加されます

アクセシビリティのバグの修正:
アクセシビリティの“スイッチコントロール”オプションで3D Touchの信頼性が向上します
VoiceOverが音声入力後の読み上げに干渉する問題が修正されます
VoiceOverユーザがApp Storeにレビューを書き込めない問題が修正されます
Bluetoothヘッドセットで電話に出た後にVoiceOverが応答しなくなる問題が解決されます
“リマインダー”で大きな文字を読めない問題が修正されます

その他のバグ修正、パフォーマンスおよび安定性の向上:
日付を手動で1970年5月以前に変更して再起動操作を行うと、iOSデバイスが起動しなくなることがある問題が修正されます
一部のiCloudバックアップが完了しないことがある問題が修正されます
一部のユーザのヘルスケアデータがiCloudバックアップからの復元後に不完全になる問題が修正されます
不正確なバッテリー残量が表示されることがある問題が修正されます
一部のユーザでiMessageまたはFaceTimeのアクティベーションができない問題に対処します
電話に出ているときに“電話”のインターフェイスを表示できないことがある問題に対処します
モバイルデータ通信のオン/オフの切り替えに適用される制限を無効にできる問題が修正されます
Apple WatchにインストールされていないAppの通知設定がWatch Appに表示される問題が修正されます
キーボードで3D Touchを使用する場合の信頼性が向上します
留守番電話メッセージを設定する際の“電話”Appの安定性が向上します
デバイスの空き容量が少ないときの“メール”Appの安定性が向上します
Mail Dropを使って大きな添付ファイルを送信する際の“メール”の安定性が向上します

例の日付を昔にしてiPhoneを起動不能にするバグもばっちり修正されていますね。
OSXとの統合がより進んだ印象を受けます。
ブルーライトカットモードは聞こえは良いですがそこまで使う機会がなさそうな…。

尚、エンタープライズ向けと呼ばれる企業用の修正は上記に記載していません。





コメント

タイトルとURLをコピーしました