【覚え書き】Android、iPhone端末の隠しモードへの入り方

隠しコマンド Android
隠しコマンド

隠しコマンド

隠しコマンド


ダイヤラ(電話アプリ)を使って色々と情報を見ることができるコマンド一覧です。

Galaxy端末には専用のサービスモードがあり、以下のアプリを使うことで電波のテスターとして使うことが可能になります。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kabasoft.util.servicemodeshortcut&hl=ja

Android端末向け隠しモード
*#*#4636#*#*:電波状況、LTEオンオフなどができます(知らない人は触らない)。
(現在では昔存在した様々なモードがダイアラアプリから入れなくなっています)

iPhone向け隠しモード(iPadにはダイヤラが無いのでそのままでは実行不可)
*3001#12345#*:Field Test Modeと呼ばれるアプリが起動し様々な数値が閲覧可能。
ちなみに、このモードのままホームボタンと電源同時長押し10秒ほどすると、リセットがかかり電波表示がdBmと呼ばれる数値に変わります。
タッチすると元に戻りますが、もう一度タッチすると数値に戻りますし再起動後も有効です。
数値の目安ですが、基地局アンテナ近くで-50前後、圏外は-120ぐらいで起こります(キャリアによって微妙に差があります)。
実際の表示と数値の違いを確認したい時に有効です。

*#21#:自動電話転送が利用可能か否かを確認可能な画面が出ますが特に設定は不可です。
役に立つのは上のフィールドテストモードが一番ですね。
これ以外にもあるんですが、恐らくハードが異なっても実行可能なのは、最初のテストモードかと思います。
初代からiPhone6s/Plusまで実行可能です。






コメント

タイトルとURLをコピーしました