あのシグマ製Foveonセンサーで変態なカメラ「Quattro」シリーズにsdが加わり5000万画素オーバーに(APS-H)

グローバルサイトから情報が来ました。
お化け解像度カメラがとうとう出ました。
http://www.sigma-global.com/jp/cameras/sd-series/

【sd Quattro】
dp Quattroシリーズに初搭載され、高い解像感で表現性能を磨いてきた新世代Foveonセンサー「Quattro」を搭載。APS-Cサイズながら、3,900万画素相当の驚異的な高画質を実現する実力はそのままに、ファイルサイズや書き込み速度などの画像処理効率を最適化。本格的なレンズ交換式カメラにふさわしい必要機能とのバランスを最適化した、新標準のハイエンドカメラです。

sd-quattro

sd-quattro

【sd Quattro H】
圧倒的な解像感をもつ新世代Foveonセンサー「Quattro」の画質特性はそのままに、さらに高い解像感を実現するべくセンサーサイズを最大限に大型化。新開発のAPS-HサイズFoveonセンサー「Quattro H」を初搭載しています。フルサイズ以下のセンサーを搭載したカメラとしては史上最高画質の5,100万画素相当を実現。より高解像のFoveon画質を求める方のために生まれました。

sd-quattro-h

sd-quattro-h


上記2機種がリリースとなりました。
それぞれセンサーサイズが異なりますが、ベイヤー配列CMOSではなく、Foveonです。
良い感じに変態度が増してますます魅力的になりましたね!!
買うしかない(使命感)。





カテゴリー: カメラ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です