Google Chrome 80.0.3987.106 配信開始。主にバグ修正がメインのマイナーアップデートで脆弱性への対応は無し

GoogleChrome

GoogleChrome


前回のアップデートからまだ時間があまり経っていないため、何か重大なバグがあったのかとログも見てみたのですが、どうも値が0固定の変数があったりしたようです。

Chrome Releases(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2020/02/stable-channel-update-for-desktop_13.html

現状は自動アップデートが入るので支障はありませんが、手動で早急に入れる必要まではないと判断します。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, iPad, iPhone, macOS, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , | コメントする

本日はWindowsUpdateの日。恒例の定期パッチで今回よりWindows 7 のパッチが配信されず Windows 10 バージョン1607以降、Windows 8.1のみ対象に。

Windows10

Windows10


さて、今回も第2水曜日ということでパッチチューズデーです。
なお、バージョン1909とバージョン1903のリリースノートは同一となっています。
今回からはWindows 7は通常ではアップデータは配信されません。

今回はWindowsUpdate後に再度確認すると、UEFI関連の脆弱性対応プログラムが再度降ってくるので「KB4524244」、確実にいストールしておきましょう。これ単独では再起動は必要ありません。

Security update for Windows 10:
https://support.microsoft.com/en-us/help/4524244/security-update-for-windows-10-february-11-2020

・Windows 10
バージョン1909リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4532693

バージョン1903リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4532693

バージョン1809リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4532691

バージョン1803リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4537762

バージョン1709リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4537789

バージョン1703リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4537765

バージョン1607リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/help/4537764

・Windows 8.1(英語)
セキュリティ更新のみ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4537803

品質ロールアップ含む(バグ修正あり)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4537821

・Windows 7(英語)
セキュリティ更新のみ
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4537813
(法人延長サポート用)

品質ロールアップまで含む(バグ修正あり)
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4537820
(法人延長サポート用)

Windows 10 1703、1607の両バージョンについては、サポート期限がそろそろ切れることがMSから通告されており、早急に1709以降へのアップデートを推奨します。

Windows 7 については法人向け延長サポートに有料で入らない限り、今回のアップデータを適用できません。
来月以降も原則パッチが原則提供されませんので、Windows 10などへの移行を早急にすべきです。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , , | コメントする

Mozilla、Firefox 73.0 正式版配信開始。2つの新機能及び危険度「高」の脆弱性3件を含む合計6件の脆弱性を修正。

FireFox_70_new_logo

FireFox_70_new_logo


今回はリリースサイクルが早くて好感触です。
脆弱性、セキュリティ、トラッキングを中心に独自進化中というところでしょうか。

リリース(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/73.0/releasenotes/

詳細:
本日のFirefoxリリースには、ユーザーがウェブサイトのコンテンツをより簡単にすばやく
表示および閲覧できるようにする2つの機能が含まれています。
すべてのアクセシビリティの改善と同様に、これらの機能はすべての人のブラウジングを
改善します。

・Firefoxは10年以上にわたり、ユーザーがサイトごとにズームレベルを設定できる
ページズーム機能を提供しています。
ほとんどのWebサイトをズームする必要があるユーザーにとって、新しいサイトごとに
ズームを調整しなければならないのは面倒です。これに対処するために、新しい
グローバルなデフォルトのズームレベル設定を実装しました。
このオプションは「言語と外観」のabout:preferencesで利用でき、必要に応じて
100%から拡大または縮小でき、すべてのサイトのデフォルトのズームレベルを設定します。
必要に応じて個々のサイトを調整するために、サイトごとのズームを引き続き使用できます。

・視力の弱いユーザーの多くは、Webサイトをより読みやすくするためにWindowsのハイコントラストモードに依存しています。伝統的に、テキストの読みやすさを向上させるために、Firefoxはハイコントラストモードが有効な場合に背景画像を無効にしました。
Firefox 73の本日のリリースでは、テキストと背景画像の間に背景色のブロックを配置する「読みやすいバックプレート」ソリューションを紹介します。
現在、ハイコントラストモードのWebサイトは、背景画像を無効にすることなく読みやすくなっています。

脆弱性詳細(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/security/advisories/mfsa2020-05/

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , | コメントする

Google Chrome 80.0.3987.100 正式版配信開始。今回は主にバグ修正のみのマイナーアップデート

GoogleChrome

GoogleChrome


スマートフォン版も更新が入っていますが、今回の更新は主にバグ修正で脆弱性への対応は含まれておりません。

リリース(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2020/02/stable-channel-update-for-desktop_11.html

脆弱性にはつながりませんし、自動更新でそのまま入る環境の方を含め早めの対応は必要ないように見えます。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , | コメントする

Google Chrome 80.0.3987.87 正式版配信開始。危険度「高」10件を含む55件の脆弱性を修正したメジャーアップデートで、バージョンはついに80へ

GoogleChrome

GoogleChrome


かなり脆弱性の修正が多く、早めの適応をおすすめします。
外観や機能は大きく変わっているようには感じません。
スマートフォン版についても、本日アップデータが配信開始され、順次アップデートされる見込みです。

Chrome Releases(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2020/02/stable-channel-update-for-desktop.html

今回は機能追加というよりは安定性やバグの修正、脆弱性を主軸に置いたメジャーアップデートのように感じます。
特に脆弱性については対応数が多いため、早めの適応がおすすめです。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , | コメントする

Google、本日2020年2月4日より Pixel 4/XL に搭載された「Soliレーダー」を利用した60GHzのMotion Senseが利用可能に

Pixel4


確かに今日は立春ですが予想以上に早い対応でした!!
順次利用可能になるとのことで、手元のデバイスではまだ利用可能にはなっていません。
また、Googleアシスタントがオンデバイスで処理するように変更され、高速化されています。

モーションセンス利用開始方法:
ドロワーの歯車をタップ→システム→Motion Senseをオン

Googleアシスタント利用方法:
ホーム画面の左か右の下から中央に向けてスワイプ

リリース:
Google Pixel 4 シリーズが新機能「Motion Sense」などに対応
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/product/20200204a/

現状、デバイス単位での順次配信で利用可否が決まっているようです。
手動では適用できないサイレントなシステムアップデートにより利用可能となるとのことです。

本日中にはほぼロールアウトされると思われますので、まだの方はしばらく待ちましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, ガジェット関連 | タグ: , , , , , | コメントする

Google、Pixelデバイスに対して2020年2月5日付セキュリティパッチと機能改善のOTA配信を開始。今回もキャリア別ROMでの差分OTA、Androidの脆弱性25件に対応

Android 10

Android 10


令和2年2月の定例パッチは、機能性アップデート、脆弱性対応の二つから構成されています。
また、別記事にしましたが、本日からSoliレーダー(Motion Sense)が日本国内でも随時利用可能になるとの発表がありました。サイレントアップデートのため24時間程度(明日までには)でいきわたる予定とのことです。

Pixel 4/XL、Pixel 3/3XL、3a/3aXLアップデート所要時間:30分以上
(アプリ最適化に時間がかかります)
アップデート画面から「インストールしています」状態で何も動かないと思っても、電源を切ったりしないでください。
ちゃんと進んでいます。インストールされているアプリが多いほど時間がかかります。
Android9以降から、端末を使いながらでもアップデートできるようになったための措置です。

OTAアップデート確認時に、SIMによってROMが変更になります。
SIMフリー版はドコモ版ROM、ソフトバンク版はJP版ROMが好ましいのではと思います。

OTA更新サイズ:
Pixel 4:9.3MB(ドコモ、ソフトバンク向けROM)
Pixel 4XL:9.3MB(ドコモ、ソフトバンク向けROM)
Pixel 3:10.0MB
Pixel 3XL:15.8MB
Pixel 3a:18.0MB
Pixel 3a XL:18.0MB

国内配信ビルド番号(共通):
QQ1D.200205.002:Pixel4系列(ドコモ向けROM)
QQ1C.200205.004:Pixel4系列(ソフトバンク・ワイモバイル系向けROM)
QQ1A.200205.002:Pixel3a/3系列(世界共通ROM)

sideload用OTAファイルサイズ:1.05〜1.2GB(機種依存)

Android Security Bulletin(英語):
https://source.android.com/security/bulletin/2020-02-01
こちらでは2月1日、2月5日の2つにいつも通り分けられており、2月1日分で13個、2月5日分で12個の対応がされています。Android全体で合計25の脆弱性が修正されています。

Pixel Update Bulletin(英語):
https://source.android.com/security/bulletin/pixel/2020-02-01
こちらでは、機種ごとのバグや脆弱性修正ポイントが掲載されています。
Pixelでは今回、ここで4個の脆弱性対策がなされており、上記Androidの脆弱性と合算すると、合計で29個(2020年2月5日Androidパッチとの合算)の脆弱性に対応しています。

Google Play セキュリティアップデート:
https://source.android.com/security/bulletin/2020-02-01#Google-Play-system-updates
今月のGoogle Playセキュリティアップデートはありません。

Pixel機能性パッチ:
System
・起動中にいくつかのデバイスでスタックする問題を修正(Pixel4 /XL)
Camera
・録画したビデオのプレビュー中にスタックする問題を修正(Pixel4 /XL)
・特定のシーンでビデオ撮影中にホワイトバランスが崩れる問題の修正(Pixel4 /XL)
NFC
・特定のアプリでNFCの機能がクラッシュする問題の修正(Pixel4 /XL)
Assistant
・Googleアシスタントを使用中、UIがクラッシュする問題を修正(Pixel4 /XL)
Misc.
・セキュリティ修正(Pixel2以降全て)

Pixel Forum:
https://support.google.com/pixelphone/thread/27557681

Androidセキュリティパッチレベル:
2020年2月5日

Google Playシステムアップデート:
2020年1月1日
配信日:2020年1月24日早朝
サイズ:8.6MB
2月分はありませんので1月1日付が2月中は最新となります。

Google Pixel 4、Google Pixel 4 XLをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20200204-01/

Google Pixel 3a、Google Pixel 3a XLをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20200204-02/

Google Pixel 3、Google Pixel 3 XLをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20200204-03/

Windows 10 Creators Update によるOTA sideload 方法の変更
Creators Updateからはコマンドプロンプトに代わり、PowerShellを使います。
コマンドは、いままでadb sideloadでしたが、.\adb sideload に変更になります。
あとはいつもと同じです。コマンドの使い方が異なりますのでご注意ください。

Factory Image一覧:
https://developers.google.com/android/images

OTAファイル一覧:
https://developers.google.com/android/ota

直接OTAリンク:
Pixel 4XL:QQ1D.200205.002 Download link Android 10.0.0(ドコモ系SIM入り国内配信ビルド)
Pixel 4XL:QQ1C.200205.004 Download link Android 10.0.0(ソフトバンク・ワイモバイル系SIM入り国内配信ビルド)
Pixel 4:QQ1D.200205.002 Download Link Android 10.0.0(ドコモ系SIM入り国内配信ビルド)
Pixel 4:QQ1C.200205.004 Download link Android 10.0.0(ソフトバンク・ワイモバイル系SIM入り国内配信ビルド)
Pixel 3a XL:QQ1A.200205.002 Download link Android 10.0.0 (国内配信ビルド)
Pixel 3a:QQ1A.200205.002 Download link Android 10.0.0 (国内配信ビルド)
Pixel 3XL:QQ1A.200205.002 Download link Android 10.0.0 (国内配信ビルド)
Pixel 3:QQ1A.200205.002 Download link Android 10.0.0(国内配信ビルド)
Pixel 2XL:QQ1A.200205.002 Download link Android 10.0.0
Pixel 2:QQ1A.200205.002 Download link Android 10.0.0

デバイスごとのサポート期間について:
https://support.google.com/nexus/answer/4457705?hl=ja

2020/02/04 OTAアップデート配信開始、Soli対応、キャリアお知らせ、更新終了。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, docomo, Google, SoftBank, アップデート, ガジェット関連 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

Microsoft、Windows 10 バージョン1903/1909 のみに1月分2回目のパッチ「KB4532695」提供開始。ほぼバグ修正で脆弱性の対応は無し。バージョン1909には追加で.NET累積パッチ1月分も追加配信「kb4534132」中

Windows10

Windows10


定例外のパッチ提供が開始されました。OSのバージョン限定です。
.NETも含め、脆弱性への対応ではなくバグ修正がメインとなっています。

リリース(英語):
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4532695

.NET累積パッチリリース(英語)1909限定:
https://support.microsoft.com/en-au/help/4534132/kb4534132-cumulative-update-for-net-framework

修正項目:

・“Windows Hello”顔認証の精度を向上
・レイアウトがロックされているにもかかわらずユーザーがカスタマイズした[スタート]メニューのタイルの順番が変わってしまう問題に対処
・「コントロール パネル」や「エクスプローラー」で検索しようとするとボックスがグレーになる問題に対処
・「エクスプローラー」の検索バーにクリップボードの内容をマウスの右クリックで貼り付けできない問題に対処
・「エクスプローラー」の検索バーがユーザーの入力を受け付けない問題に対処
・なんらかのキーを押すとタッチキーボードが閉じてしまう問題に対処
・特定の状況下でマルチプレイヤーPCゲームでマルチプレイへの招待がキャンセルされてしまう問題に対処
・USB Type-Cのハブからフラッシュドライブを取り外したときにエラーが発生する問題に対処
・オフライン・オンラインファイルのインジケーターが誤って表示される問題に対処

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , , , | コメントする

Apple、iTunes for Windows 12.10.4.2 配信開始。主に脆弱性への対応のみで新機能の追加無し、Windows 7はサポート継続中

iTunesロゴ

iTunesロゴ


macOSはOSに統合されてしまったiTunesの機能ですが、Windows版はアプリとして残っておりメンテナンスが続いています。
また、先日サポートの切れたWindows 7ですが、法人向け延長サポートが続いていることもあり、iTunesもWindows 7以降の対応と変わらずです。

脆弱性対応リスト(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210923

昨日のiOS 13.3.1、iPad OS 13.3.1への対応というわけではなく、純粋な脆弱性への対応のみと思われます。
WindowsユーザーでiPhoneを使っている方はアップデート推奨です。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , | コメントする

Apple、iOS/iPad OS 13.3.1、watchOS 6.1.2、tvOS 13.3.1、macOS 10.15.3 正式版配信開始。iOSは10.4.5が過去機種向けにリリースされSafari 13.0.5も配信開始

iOS13

iOS13


ほぼ2ヶ月近くぶりにiOS関連のアップデートが配信開始されました。
iOS 13.3.1 はベータを3回も実施する異例のマイナーアップデートとなり、サイズも大きめになっています。

・iOS / iPad OS 13.3.1

iOS 13.3.1には、バグ修正と改善が含まれます。このアップデートには以下が含まれます:

•“通信/通話の制限”でスクリーンタイムのパスコードを入力しなくても連絡先を追加できる場合がある問題を修正
•U1超広帯域(UWB)チップによる位置情報サービスの使用を制御するための設定を追加
•iPhone 11またはiPhone 11 Proで撮影したDeep Fusionの写真を編集するときに短時間の遅延が生じる場合がある問題に対処
•“メール”でサーバ上の画像を読み込む”設定が無効になっていてもサーバ上の画像が読み込まれる場合がある問題を解決
•“メール”で取り消す操作のダイアログが繰り返し表示される場合がある問題を修正
•FaceTimeでワイドカメラの代わりに背面のウルトラワイドカメラが使用される場合がある問題に対処
•Wi-Fi経由でプッシュ通知が配信されない場合がある問題を解決
•CarPlayで特定の車両から電話をかけると音声にひずみが生じる場合がある問題に対処
•HomePodのSiriの声にインド英語を追加

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

脆弱性詳細(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210918

OTA容量;278〜117.3MB(機種依存)

iTunes容量:2.8〜4.29GB

ビルド番号:17D50

キャリア設定ソフトウェア:40.0(変更なし)

所要時間:30分前後(機種依存)
最新機種だと今回はかなり時間がかかります。

・watchOS 6.1.2

バグ修正、脆弱性の修正と安定性の向上

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

脆弱性詳細(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210921

ビルド番号:17S796

OTA容量:113〜99.3MB(機種依存)

通信事業者:11.0(変更なし)

・tvOS 13.3.1

バグ修正、脆弱性の修正と安定性の向上

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

脆弱性詳細(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210920

ビルド番号:17K795

・macOS 10.15.3(Safari 13.0.5)

macOS Catalina 10.15.3アップデートを適用すると、Macの安定性、信頼性、およびセキュリティが向上します。このアップデートをすべてのユーザに推奨します。

このアップデートの内容:
•macOSを使用したSDRワークフローで、Pro Display XDRの低位グレイレベルのガンマ処理を最適化
•16インチMacBook Pro(2019)で、HEVCおよびH.264でエンコードされた4Kビデオをマルチストリームビデオ編集する際のパフォーマンスを改善

このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT210642
        
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

Safari脆弱性(英語):
https://support.apple.com/ja-jp/HT210922

ビルド番号:19D76

OTA容量:2.96GB

所要時間:30分〜1時間前後(機種依存)

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , , | コメントする