Microsoft、Windows 10 バージョン2004及び20H2に向けて今月2回目のアップデータ「KB4580364」を配信開始。セキュリティ関連の修正はなくバグ修正のみ

Windows10

Windows10


月末ぎりぎりに滑り込んできました。
2004以降のバージョンのみに対応したバグ修正パッチです。

リリース(英語):
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4580364

バージョン2004:
この非セキュリティアップデートには、品質の改善が含まれています。
主な変更点は次のとおりです。

・このビルドには、Windows10バージョン2004からのすべての改善が含まれています。
・このリリースでは、追加の問題はリリースされていません。

バージョン20H2:
この非セキュリティアップデートには、品質の改善が含まれています。主な変更点は次のとおりです。

・グループポリシー設定を使用してInternetExplorerでホームページを構成する際の問題に対処します。
・管理者がグループポリシーを使用して、Microsoft EdgeIEモードのユーザーに対して[ターゲットに名前を付けて保存]を有効にできるようにします。
・MicrosoftEdgeを使用してMicrosoftDefender Application Guardで開くことにより、Internet Explorer11からの信頼できないURLナビゲーションの問題に対処します。
・Windows10デバイスでのリモートデバッグにMicrosoftEdgeの開発者ツールを使用するときに発生する問題に対処します。
・リモートデスクトッププロトコル(RDP)セッション中に5分以上画面に何も表示されない問題に対処します。
・特定のWindows仮想デスクトップ(WVD)ユーザーがファイルエクスプローラーを使用してファイルを検索できない問題に対処します。
・ペンを数時間使用した後、デバイスが応答を停止する問題に対処します。
・アプリケーションが一時的に応答を停止し、ウィンドウのWindow.Topmostプロパティに影響を与える余分なz-order操作が発生する問題に対処します。
・Dynamic Data Exchange(DDE)アプリが機能しなくなる可能性のある問題に対処します。
・アカウントに最初にサインインするとき、またはリモートデスクトップサービス(RDS)を使用して既存のユーザーセッションのロックを解除するときに発生する問題に対処します。間違ったパスワードを入力すると、現在のキーボードレイアウトがシステムのデフォルトのキーボードレイアウトに予期せず変更されます。このキーボードレイアウトの変更により、追加のサインイン試行が失敗したり、アカウントロックアウトのしきい値が低いドメインでアカウントロックアウトが発生したりする可能性があります。
・特定のプロセッサの誤ったCPU周波数を表示する問題に対処します。
・PowerShellがレジストリを読み取ってScriptBlockLoggingレジストリキーがレジストリにあるかどうかを確認するときに発生するパフォーマンスの問題に対処します。
・コマンドWMIC.exeOS Get localdatetime / valueによって返される時間形式の時間オフセットをランダムに変更する問題に対処します。
・Microsoft User Experience Virtualization(UE-V)がMicrosoftOutlook署名を割り当てるのを妨げる問題に対処します。
・デバイス名またはWindowsのバージョンが変更されたときに、Hybrid Azure ActiveDirectoryに参加しているデバイスがポータル情報を更新できない問題に対処します。
・Smart Cards forWindowsサービスの開始を妨げる可能性のある問題に対処します。
「Microsoft-Antimalware-UacScan」という名前の新しいMicrosoftEvent Tracing for Windows(ETW)プロバイダーを追加します。このETWプロバイダーは、ETWプロバイダーマニフェストで各ユーザーアカウント制御(UAC)要求のコンテキストの詳細を報告します。
・認証にセキュアパスワード(EAP-MSCHAP v2)を使用し、「Windowsログオンユーザー名とパスワードを自動的に使用する」プロパティを有効にしている仮想プライベートネットワーク(VPN)接続の問題に対処します。このタイプのVPNに接続すると、認証ダイアログボックスで資格情報の入力を誤って求められます。
・diskpartユーティリティにリカバリパーティションを表示します。
・msiscsi.sysで停止エラー0xd1を引き起こす問題に対処します。この問題は、特定のアレイを1つのクラスターノードから別のクラスターノードに移動するときに発生します。
・アクティブな更新がない場合にIAutomaticUpdatesResults :: get_LastInstallationSuccessDateメソッドが1601/01/01を返す原因となる問題に対処します。
・Windows Defender Application Control(WDAC)のデータプロバイダーを使用してSQL Serverに接続するときに、トランスポート層セキュリティ(TLS)1.1および1.2プロトコルのサポートを追加します。
・リンクサーバープロバイダーをアウトプロセスでロードするように構成した場合にパフォーマンスの問題を引き起こす可能性があるSQLServerの問題に対処します。
・サードパーティソフトウェアがLanmanServerカスタムファイルシステムコントロール(FSCTL)を使用している場合に、Windowsのパフォーマンスを低下させ、LanmanServerサービスを開始できない可能性がある問題に対処します。
・復元力のあるファイルシステム(ReFS)クラスター共有ボリューム(CSV)で長い待機時間を引き起こす重複排除の問題に対処します。
・一部のアプリケーションが正しく動作しない可能性がある問題に対処します。これは、RDSを使用してリモートアプリケーション統合ローカル(RAIL)アプリケーションとして公開し、AppBarウィンドウのドッキングを変更した場合に発生します。
・オペレーティングシステムが動作を停止したり、応答を停止したりする、伝送制御プロトコル/インターネットプロトコル(TCPIP)ドライバーのデッドロックの問題に対処します。
・ルーティングとリモートアクセスサービス(RRAS)が新しい接続への応答を停止する原因となる問題に対処します。ただし、RRASは既存の接続に対して引き続き機能します。
・管理タスクの実行中または起動時に、RRAS管理者のMicrosoft管理コンソール(MMC)がランダムに応答しなくなる問題に対処します。
・KB4579311のインストール後に発生するARM64デバイスでのWindowsSubsystem for Linux 2(WSL2)の起動に関する問題に対処します。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , | コメントする

WordPress 5.5.2 正式版配信開始。14個のバグと10個の脆弱性を修正したメンテナンスリリース

WordPressロゴ正式版

WordPressロゴ正式版


2020年10月30日早朝、リリースされていました。
脆弱性などが含まれるため、早急にパッチを当てることが推奨されています。
ほとんどのサイトは自動アップデートに対応していますが、一部の環境では手動での更新が必要な場合があります。

リリース(英語):
https://wordpress.org/news/2020/10/wordpress-5-5-2-security-and-maintenance-release/

次のメジャーアップデートはバージョン5.6となることも伝えられています。
あまり評判の良くない5.5系ですが、セキュリティだけは気を付けましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: CMS, PC, VPS, アフィリエイト, パソコン関連, レンタルサーバ | タグ: , , , , , | コメントする

Mozilla、Firefox 82.0.2 正式版配信開始。特定の場合に発生するバグ修正のみのマイナーアップデート

FireFox_70_new_logo

FireFox_70_new_logo


これ1件だけでバージョンアップするのか?というレベルですが、特定環境ではいろいろあるのでしょう。

リリース(英語):
https://www.mozilla.org/en-US/firefox/82.0.2/releasenotes/

修正ポイント:
・特定の場合にWebSocketメッセージが重複する不具合を修正しました。

不具合が出ていない方には特段必要のないアップデートになっていますが、何かしら不具合があっては困る環境で使っている方は是非アップデートしましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Mac, macOS, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , | コメントする

Logicool、自社マウス・キーボード向けカスタムソフトウェア「Logicool Options」2020年10月28日版配信開始。ERGO M575 Wireless Trackballへの対応とバグ修正、macOS 11.0「Big Sur」への対応

Logicool

Logicool


2か月ぶりの更新ですが、最近はほぼ新商品に合わせてやってきます。
これを入れると、ショートカットやマウスの操作に関する指定の変更ができるので、ゲーマーも含めて必須ソフトかと思います。

今回、大きなトピックは、新OSのmacOS 11.0、通称「Big Sur」への対応かと思います。

ダウンロード:
https://support.logi.com/hc/ja/articles/360025297893

更新詳細:
・ERGO M575 Wireless Trackballのサポートを追加。
・MX Ergo向けプラグインの案内を追加。
・バグ修正

バージョン番号:
Software Version: 8.34.82

ファイルサイズ:
File Size: 201 MB

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, Mac, macOS, Microsoft, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , | コメントする

ASUS、国内最強ゲーミングスマホ ROG Phone 3 に対して2020年9月1日セキュリティパッチを含むビルド「WW-17.0823.2009.98」FOTA配信開始。

2020年10月28日、10時前後に配信が開始されたようです。

詳細:
https://www.asus.com/Phone/ROG-Phone-3/HelpDesk_BIOS/

ビルド番号:
WW-17.0823.2009.98

詳細ビルド:
QKQ1.200419.002.WW_Phone-17.0823.2009.98-0

FOTAサイズ:
191.18MB

所要時間:
10分前後

改善項目:
・Googleセキュリティパッチの更新(2020年9月1日)
・システムのバイブレーションを最適化
・Googleアシスタント使用時のパフォーマンスを改善
・バイパス充電機能を使用時のパフォーマンスを改善

マメにパッチが降ってくるのは非常に良いですね。
セキュリティ関連を含むので、是非適用しましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, アップデート, ガジェット関連 | タグ: , , , , , , , | コメントする

Apple、iTunes for Windows 12.10.10.2 を配信開始。新型iPhone対応と脆弱性、バグ修正対応のマイナーアップデート

iTunesロゴ

iTunesロゴ


10月22日ごろにiOS14.1とともにリリースされておりました。
現状、Windows版はMicrosoft Storeにて配信されておりますが、既存環境でもApple Software Updateより入手が可能です。

ダウンロード:
https://www.apple.com/jp/itunes/

脆弱性やバグの情報が一切ないのですが、セキュリティ関連の修正は間違いなく入っているのでアップデート推奨です。
特に新型のiPhone 12系に機種変更、新規で購入された方は確実にこちらを使うべきです。

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Microsoft, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , | コメントする

GARMIN、fēnix 6S Pro / 6 Pro / 6X Pro 及び fēnix 6 / 6S / 6Xシリーズに対して新ファームウェア バージョン 12.20 正式版配信開始。多数の新機能とバグ修正、地図の更新など

Garmin fenix 6X

Garmin fenix 6X


今回は1ヶ月で再度更新が入りました。
日本のサイトに更新情報がまだありませんが、本家のサイトにあります。

fēnix 6S Pro / 6 Pro / 6X Pro向けリリース(英語):
https://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=15033

fēnix 6 / 6S / 6X向けリリース(英語):
https://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=15031

バージョン11.10から12.20への変更:

・以前のアクティビティに基づいて推奨される、毎日の推奨ワークアウトのサポートが追加されました。
アクティビティ設定からこれを無効にすることができます。
(ランニング/バイク>メニュー>トレーニング>ワークアウト>今日の提案)
・トラックランアクティビティのサポートが追加されました。
これにより、メートル単位の距離や標準形状の400mトラックでのラップスプリットなどの屋外トラックデータを記録できます。
・ユーザーのストレス、睡眠、リラクゼーション、身体活動を考慮した回復時間の改善のサポートが追加されました。
・サイクリングアクティビティのゼロ以外の電力平均を構成するためのサポートが追加されました。
(アクティビティ設定>電力平均)
・スリープウィンドウ中にバックライト設定を構成するためのサポートが追加されました。
([設定]> [システム]> [バックライト]> [スリープ中])
・カレンダービューからのトレーニングの開始を適切に処理し、ヨガ、筋力、有酸素運動、呼吸、ピラティスのトレーニングを促すためのトレーニングと呼吸法のトレーニングカテゴリのサポートが追加されました。
・トレーニングステータスウィジェットにトレーニングステータスの説明のヒントを追加しました。
・マップをパン/ズームするときにマップの縮尺を表示するためのサポートが追加されました。
・特定のユースケースで「ナビゲーション」ホットキーが期待どおりに機能しない問題を修正しました。
・ウォッチフェイスの風速データフィールドの問題を修正しました。
・オープンウォータースイムアクティビティがトラックログの誤った位置をキャプチャしていた問題を修正しました。
・POIに移動するときに、デバイスが標高プロットを読み込めない問題を修正しました。
・ナビゲート中に標高プロットが断続的に2倍になる問題を修正しました。
・期限切れの気象データがウォッチフェイスに表示されていた問題を修正しました。
・セイルレースアクティビティに関するいくつかの問題を修正しました。 (Quatix 6のみ)
・プールの水泳活動でゾーン内の時間情報が正しくない可能性がある問題を修正しました。
・潜在的なGPS通信の問題を修正しました。 (GPS v4.60が必要)
・バイクライト/レーダーのペアリングエクスペリエンスを改善しました。
・コンパスの滑らかさが改善されました。
・手首のHR検出が改善され、VO2の最大値とパフォーマンス状態の推定がより正確になります。
・時計リストのレイアウトとアイコンを更新しました。
・Applied Ballistics Bulletデータベースをバージョン1155に更新しました(tactix Delta ABのみ)。

更新を時計本体で実施した後、起動後にさらに再起動してからGarmin Expressに接続して同期する方法で更新処理を終わらせると安定します。

現場からは以上です。





カテゴリー: PC, アップデート, ガジェット関連 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

Apple、iOS/iPad OS 14.1 正式版配信開始。今回は新型iPhoneに合わせたOSのため脆弱性対応はなく、バグ修正メインのアップデート。14.1に対応した Xcode 12.1 も配信開始

iOS 14.0ロゴ

iOS 14.0ロゴ


そんなわけで、すぐ適用する必要はありませんが、文字入力の遅延などがサイレント修正されているので、できれば適用しましょう。
また、キャリア設定ソフトウェアが更新されていること、モデムファームウェアも更新されていることから、モバイル通信の最適化も入っているようです。

IIJのeSIMが物理SIMとの併用時に切れる問題も解決しているように見えます。

〇iOS 14.1

iOS 14.1には、iPhone用の機能改善とバグ修正が含まれています。

・iPhone 8以降の“写真”で10bit HDRビデオの再生と編集に対応
・一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
・ホーム画面でウィジェットをドラッグするとフォルダからAppが削除されてしまうことがある問題に対処
・“メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
・着信時に地域情報が表示されないことがある問題を修正
・一部のデバイスで拡大表示モードと英数字のパスコードを選択すると、ロック画面の緊・急電話ボタンがテキスト入力ボックスと重なってしまうことがある問題を修正
・アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
・“計算機”でゼロが表示されないことがある問題を修正
・ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
・一部のユーザでファミリーメンバーのApple Watchが設定できなくなっていた問題を修正
・“Apple Watch” AppでApple Watchのケース素材が誤って表示されていた問題を解決
・“ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処
・Ubiquitiワイヤレス・アクセス・ポイントとの互換性を改善

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

OTA容量:499.7~501.3MB(端末依存)

iTunes容量:5.5~6.6GB(端末依存)

キャリア設定ソフトウェア:43.0.1/43.0(iPhone/iPad)

所要時間:30分前後(環境依存)

ビルド番号:18A8395

〇iPad OS 14.1

iPad OS 14.1には、iPhone用の機能改善とバグ修正が含まれています。

・12.9インチiPad Pro(第2世代)以降、11インチiPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad Air(第3世代)以降、およびiPad mini(第5世代)の“写真”で10bit HDRビデオの再生と編集に対応
・一部のウィジェット、フォルダ、アイコンがホーム画面に縮小表示されていた問題に対処
・“メール”で一部のメールが誤ったエイリアスから送信されていた問題を修正
・アルバムまたはプレイリストの表示中に、一部のユーザで曲のダウンロードやライブラリへの追加ができないことがある問題に対処
・ストリーミングビデオの再生開始時に解像度が一時的に低下することがある問題を解決
・“ファイル” Appで、一部のMDM管理のクラウド・サービス・プロバイダによるコンテンツが誤って利用不可として表示されることがある問題に対処

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

OTA容量:333.1~377.9MB(端末依存)

iTunes容量:5.5~6.6GB(端末依存)

キャリア設定ソフトウェア:43.0.1/43.0(iPhone/iPad)

所要時間:30分前後(環境依存)

ビルド番号:18A8395

〇Xcode 12.1

ビルド番号:12A7403

OTA所要時間:1時間前後

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

Microsoft、Windows 10 バージョン 「20H2」大型アップデート一般公開開始。手動更新で順次ロールアウトされるWindows 10 October 2020 Updateと呼ばれていたパッチ

Windows10

Windows10


ついに大型アップデートの季節がやってきました。
コロナ禍ではありますが、IT関連は特に機能向上が迫られている昨今、確実にアップデートをしていきましょう。

ダウンロード:
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

新機能の解説(英語):
https://blogs.windows.com/windowsexperience/2020/10/20/whats-new-in-the-windows-10-october-2020-update/

WindowsUpdateをクリックせずとも、メディアクリエイションツールを使って手動更新が可能です。
今回はバージョンが慣例だと2009になる予定でしたが、既存のOS等と混同を避ける目的で、バージョン20H2となりました。
また、大型といってもそこまで重量級というわけではなく、定例パッチと同程度の更新時間に抑えられるのも特徴です。

いずれ手動でなくとも来月更新でWindowsUpdateから自動更新が入る可能性が高いため、事前に確認しておきたいところです。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , | コメントする

Google Chrome 86.0.4240.111 正式版配信開始。危険度「高」4件を含む合計5件の脆弱性への対応とバグ修正

GoogleChrome

GoogleChrome


Firefoxと同様にChromeでもバグ、脆弱性対応が行われました。
前回はmacOSと別枠でしたが、今回は統一されました。
スマートフォン版も更新が順次ロールアウトされています。

Chrome Releases(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2020/10/stable-channel-update-for-desktop_20.html

同様のエンジンを使うEdgeも昨日にアップデートが入っています。
脆弱性への対応のため、確実にアップデートを当てていきましょう。

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, iPad, iPhone, Mac, macOS, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , | コメントする