Nintendo Switch 本体ファームウェア「13.1.0」配信開始。Switch Online の追加パック対応など微調整

NINTENDO SWITCH

NINTENDO SWITCH


新型にも同様に降ってきています。

リリース:
https://www.nintendo.co.jp/support/switch/system_update/index.html

以前のバージョンからの主な更新内容
13.1.0(2021年10月26日配信開始)

・「Nintendo Switch Online + 追加パック」に対応しました。

・いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

現場からは以上です。





カテゴリー: アップデート | タグ: , , , , , | コメントする

Apple、自社製品現行品全てに対してアップデータ(iOS / iPad OS 15.1、watchOS 8.1、tvOS 15.1、macOS 12.0.1、Xcode 13.1)配信開始。新製品への対応、バグ修正、脆弱性の修正など多数

iOS 15

iOS 15


macOSがついに12になりました。
特に操作感や基本の構造は変わっていないように見えます。

〇iOS 15.1

SharePlay

・SharePlayはFaceTimeとApple TV App、Apple Music、その他の対応しているApp Store提供Appのコンテンツを同期して体験を共有できる新しい方法

・コントロールの共有により、全員が一時停止、再生、早戻し、早送りを行うことが可能

・友達が話したときに、映画、テレビ番組、曲の音量を自動的に下げるスマートボリューム機

・Apple TVでは、iPhoneでFaceTime通話を継続しながら、大画面で共有したビデオを視聴するためのオプションに対応

・画面共有により、FaceTime通話の参加者全員で写真を見たり、Webサイトを参照したり、お互いをサポートしたりすることが可能

カメラ

・iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro MaxでのProResビデオの撮影

・iPhone 13 ProおよびiPhone 13 Pro Maxでの写真またはビデオの撮影時に自動マクロ切り替えをオフにする設定

・Appleウォレット
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットに追加して提示することが可能

翻訳

・“翻訳” Appおよびシステム全体での翻訳で繁体字中国語(台湾)に対応

ホーム

・HomeKit対応の湿度センサー、空気質センサー、または光量センサーの現在の値に応じて実行される新しいオートメーション

ショートカット

・イメージやGIFの上にテキストを重ねて配置できる、あらかじめ用意されたアクション

不具合修正

・“写真” Appで、写真やビデオを読み込む際に誤って“十分な空き領域がありません”と報告されることがある問題

・“天気” Appで、現在地の現在の気温が表示されないことやアニメートされた背景のカラーが正しく表示されないことがある問題

・画面をロックしたときにAppからのオーディオ再生が一時停止することがある問題
複数のパスでVoiceOverを使用しているときに“ウォレット”が予期せず終了することがある問題

・利用可能なWi-Fiネットワークが検出されないことがある問題

・時間の経過に伴うバッテリー容量の推定を改善するために、iPhone 12モデルでバッテリーアルゴリズムをアップデート

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

OTA容量:1.2~1.44GB

iTunes容量:4.5~6.6GB

ビルド番号:19B74

キャリア設定ソフトウェア:48.0

〇iPad OS 15.1

SharePlay

・SharePlayはFaceTimeとApple TV App、Apple Music、その他の対応しているApp Store提供Appのコンテンツを同期して体験を共有できる新しい方法

・コントロールの共有により、全員が一時停止、再生、早戻し、早送りを行うことが可能

・友達が話したときに、映画、テレビ番組、曲の音量を自動的に下げるスマートボリューム機能

・Apple TVでは、iPadでFaceTime通話を継続しながら、大画面で共有したビデオを視聴するためのオプションに対応

・画面共有により、FaceTime通話の参加者全員で写真を見たり、Webサイトを参照したり、お互いをサポートしたりすることが可能

翻訳

・“翻訳” Appおよびシステム全体での翻訳で繁体字中国語(台湾)に対応

ホーム

・HomeKit対応の湿度センサー、空気質センサー、または光量センサーの現在の値に応じて実行される新しいオートメーション

ショートカット

・イメージやGIFの上にテキストを重ねて配置できる、あらかじめ用意されたアクション

不具合修正

・“写真” Appで、写真やビデオを読み込む際に誤って“十分な空き領域がありません”と報告されることがある問題

・画面をロックしたときにAppからのオーディオ再生が一時停止することがある問題

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

OTA容量:1.2~1.39GB

iTunes容量:4.5~6.6GB

ビルド番号:19B74/19B75(モデルにより異なる)

キャリア設定ソフトウェア:48.0

〇watchOS 8.1
watchOS 8.1には、Apple Watch用の以下の改善とバグ修正が含まれます。

・ワークアウト中の転倒を検出するアルゴリズムを強化し、ワークアウト中のみ転倒検出を有効にするオプションを追加(Apple Watch Series 4以降)

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードへの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットから提示することが可能

・一部のユーザで手首を下ろしているときに、“常にオン”で時刻が正確に表示されない場合がある問題(Apple Watch Series 5以降)

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

OTA容量:341~361MB

ビルド番号:19R570

事業者番号:18.0

〇tvOS 15.1
このアップデートには、一般的なパフォーマンスと安定性の向上、および次の機能が含まれています。

tvOS 15.1の新機能

SharePlay

・友達や家族と一緒に、どこにいても視聴できます。Apple TVでの視聴中に、iPhoneやiPadのFaceTimeでチャットできます。

注: お住まいの国や地域で利用できない場合があります。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

ビルド番号:19J572

〇macOS 12.0.1
みんなとつながる。共有する。何かを作る。macOS Montereyなら、そのための方法がこれまで以上に広がります。

空間オーディオやポートレートモードなど、FaceTimeオーディオとFaceTimeビデオの新機能をお楽しみください。

集中モード、クイックメモ、Safariのタブグループなどの強力な生産性向上ツールで、さらに多くのことをこなせるようになります。“MacにAirPlay”で、デバイスをまたいでスムーズに作業することもできます。

FaceTime

・空間オーディオにより、グループFaceTime通話で発言中の人の声が画面上の位置の方向から聞こえるようになります

・“声を分離”では、周囲のノイズを最小限に抑え声が明瞭に聞こえます

・“ワイドスペクトル”では、周囲の音すべてが通話に取り込まれます

・ポートレートモードでは、M1チップ搭載のMacで、背景をぼかして自分に焦点を合わせられます

・グリッド表示では、参加者が同じサイズのタイルで表示され発言中の人が強調表示されます

・FaceTimeリンクで、Appleデバイス、AndroidやWindowsのデバイスを使用する友達に通話に招待できます

メッセージ

・“あなたと共有”により、“メッセージ”で共有されたコンテンツがMacアプリケーションに表示されます

・“あなたと共有”セクションが、写真、Safari、Podcast、およびTVアプリケーションに追加されます

・“メッセージ”で複数の写真がコラージュまたはスタックで表示されます

Safari

・タブグループにより、タブを保存、整理、デバイス間で同期できます

・インテリジェントトラッキング防止機能で、トラッカーにIPアドレスが公開されるのを防止できます

・コンパクトなタブバーを選択すると、画面上のWebページの表示領域が広がります

集中モード

・集中モードで、そのときの作業に合わせて通知を自動的に選別できます

・仕事、ゲーム、読書などのアクティビティ用に集中モードをカスタマイズできます
集中モードはAppleデバイスのすべてで設定されます
状況表示で、通知を受信しないようにしていることを連絡先に知らせます

クイックメモと“メモ”

・クイックメモで、アプリケーション使用中やWebサイト閲覧中に書いたメモをあとで簡単に見られます

・タグにより、メモがトピック別に素早く分類され見つけやすくなります

・“名前の言及”で、共有メモの重要なアップデートをほかの人に知らせられます

・アクティビティ表示に、共有メモを最近変更した人が表示されます

MacにAirPlay

・“MacにAirPlay”で、iPhoneやiPadからMacに直接コンテンツを共有できます

・AirPlayスピーカー機能で、ミュージックをMacのサウンドシステムで再生できます

テキスト認識表示

・テキスト認識表示により、写真内のテキストをシステム全体で操作できます

・写真に写っているテキストをコピー、翻訳、検索できます

・“画像を調べる”により、写真内のアート、ランドマーク、その他の被写体について情報を得られます

ショートカット

・新しいアプリケーションで、日々のタスクを自動化し素早く完了できます

・ギャラリーにはあらかじめ用意されたショートカットが含まれシステムのどこでも追加して実行できます

・ショートカットエディタで、ワークフローに合わせたカスタムショートカットを設計できます

・Automatorワークフローからショートカットへ自動変換できます

マップ

・インタラクティブな3D地球儀により、M1チップ搭載のMacで、山や海などが一層詳細に表示されます

・都市の詳細なマップにより、M1チップ搭載のMacで、高度、木、建物、ランドマークなどが表示されます

プライバシー

・メールプライバシー保護で、“メール”でのアクティビティを差出人に追跡されることを防止できます

・録音インジケータがコントロールセンターに追加され、マイクを使用中のアプリケーションが分かります

iCloud+

・iCloudプライベートリレー(ベータ版)で、Safariでのブラウズ行動の詳細なプロファイルを企業に作成されることを防止できます

・“メールを非表示”により、一意のランダムなメールアドレスが作成され受信ボックスに転送されます

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

OTA容量:12.13GB

ビルド番号:21A559

所要時間:1時間前後(機種依存)

現場からは以上です。





カテゴリー: Apple, iPad, iPhone, Mac, macOS, PC, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

Microsoft、Windows 11 21H2 に対して先行プレビュービルド(Cパッチ)「KB5006746」配信開始。AMD製CPUのL3キャッシュレイテンシの改善、CPUスケジューリングの正常化、プリンタ周りの不具合を全て修正

Windows 11

Windows 11


ようやく初回の改善版という形となったようです。
こちらの環境でも、AMD製CPU搭載マシンに自動インストールが降ってきています。
まだメインのゲーム用マシンや業務用マシンにインストールするのは推奨できませんが、環境はかなり整ってきたように見えます。

AMD製チップセット搭載PC向けスケジュール改善チップセットドライバ:
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-ryzen-chipset-3-10-08-506

詳細:
・OpenGLエラーのポップアップの問題が修正されました。
・AMDプロセッサ上のWindows® 11ビルド22000.189(またはそれ以降)で、UEFI CPPC2(「優先コア」)の意図された機能と動作を復元します。
その他の情報については、AMDナレッジベースPA-400をご覧ください。

Windows 11 KB5006746リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-us/topic/october-21-2021-kb5006746-os-build-22000-282-preview-03190705-0960-4ba4-9ee8-af40bef057d3

OSビルド番号:22000.282

ハイライト:
・Input Method Editor (IME) で特定の文字を入力すると Internet Explorer が動作しなくなる問題が更新されました。

・新しい日本語IMEを使ってファイルエクスプローラでファイル名を変更しようとしたときに発生する問題が更新されました。

・音声アシスタントで録音した音声が歪む場合がある問題を更新しました。

・写真のスライドショーをロック画面の背景に設定している場合に、ロック画面の背景が黒く表示されることがある問題を更新しました。

・Bluetoothマウスやキーボードの反応が遅くなることがある問題を更新しました。

・再起動後にデバイスを使用できるようになるまでの推定時間を改善しました。

・Xbox Game Bar の録画機能が使用できない場合がある問題をアップデートしました。

・Windows 11(初版)にアップグレードした後、一部のアプリケーションの動作が通常よりも遅くなる問題を更新しました。

・特定のケースでスタートメニューが開いているときに Narrator やその他のスクリーンリーダーがアナウンスできない問題を更新しました。

・セカンダリモニターに検索ウィンドウが表示されない問題を更新しました。

・Shiftキーを押しながらタスクバーのアプリのアイコンをクリックすると、そのアプリの複数のインスタンスを開けないという問題が更新されました。

・タスクバーのチャットアイコンのビジュアルデザインとアニメーションを更新しました。

・Windows 11(初版)にアップグレードした後、スタートメニューが機能せず、更新されたタスクバーが表示されないという、ごく一部のユーザーに発生している問題を更新しました。

改善と修正点:
このノンセキュリティアップデートには、品質の向上が含まれています。主な変更点は以下の通りです。

・起動時の初期に発生する競合状況で、停止エラーが発生する可能性があることに対応しました。

・レジストリで非ASCIIテキストを使用している一部のマシン構成で停止エラー0x38が発生する可能性がある、性能の低下に対応しました。

・Windows 11(初版)にアップグレードした後、スタートメニューが動作せず、更新されたタスクバーのデザインが表示されないという、ごく一部のユーザーに発生している問題に対応しました。

・Windows 11(初版)にアップグレードした後、AMD Ryzenプロセッサを搭載したデバイス上の一部のアプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性のあるL3キャッシングの問題に対処しました。

・特定のプロセッサの割り込み処理に関する問題に対処し、デバイスが応答しなくなる問題を修正しました。

・PowerShell で子ディレクトリが無限に作成される問題に対処しました。この問題は、PowerShell の Move-Item コマンドを使用してディレクトリをその子ディレクトリの 1 つに移動した場合に発生します。その結果、ボリュームがいっぱいになり、システムが応答しなくなるという問題がありました。

・Server Manager アプリケーションを使用して Hyper-V の機能を削除した後に、Server Manager アプリケーションが消えてしまう問題に対応しました。この問題は、リモートサーバー管理ツール(RSAT)を使用してWindows 11(初版)クライアントにServer Managerをインストールした場合に発生していました。

・高負荷時にWindows Remote Management(WinRM)サービスが動作しなくなる原因となるスレッドの問題に対処しました。

・Windows Management Instrumentation(WMI)プロバイダーのホストプロセスが動作しなくなる問題に対処しました。この問題は、DSC(Desired State Configuration)の使用時に発生する未処理のアクセス違反が原因で発生していました。

・グループポリシーの更新中にデバイスを強制的にシャットダウンすると、デバイスが応答しなくなるという問題に対応しました。

・異なるボリュームに保存されている分散ファイルシステム(DFS)パス間のファイル移行が失敗するという問題に対処しました。この問題は、Move-Item コマンドを使用する PowerShell スクリプトを使用して移行を実装すると発生していました。

・メモリ不足の状態が発生した後に WMI リポジトリへの書き込みができなくなる問題に対処しました。

・PowerShell ショートカット ファイルにハードコードされたフォントを使用すると、日本語、中国語、および韓国語のフォントが歪むという問題に対処しました。このアップデートでは、マシン上に新規に作成されたすべてのユーザーに対してこの問題に対処します。既存のユーザーは、C:Users\Default\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Windows PowerShell\PowerShell.lnkファイルを使用してPowerShellを開き、この問題に対処できます。また、既存のユーザーは、デスクトップにこのファイルのショートカットを作成し、そのショートカットを使って PowerShell を開くことができます。

・ミリ秒が除外されている場合に、イベントで時間形式を解析する際の問題に対処しました。

・一部のEMF(Enhanced Metafile Format)ファイルのレンダリングが正しく行われないという問題に対処しました。この問題は、ExtCreatePen()およびExtCreateFontIndirect()を持つサードパーティ製アプリケーションを使用してEMFファイルを構築した場合に発生していました。

・Microsoft EdgeのInternet Explorerモードで、HTMLダイアログのズームをデフォルトに戻すオプションをAdministratorに提供しました。

・Internet Explorer 11からMicrosoft Edgeへのエンタープライズモードのサイトリストのリダイレクトに関する問題に対処しました。特定の状況下で、リダイレクトによって Microsoft Edge の複数のタブでサイトが開かれるという問題がありました。

・IME(Input Method Editor)で特定の文字を入力すると、Internet Explorerが動作しなくなる問題に対処しました。

・JScript9.dllのPropertyGetに関する問題に対処しました。

・VBScript内でネストしたクラスを使用したときに発生するメモリリークに対応しました。

・高速スタートアップの再起動後に、NumLock の状態を維持できない問題に対処しました。

・特定のアプリケーションウィンドウの移動に関する問題に対処しました。ファイルエクスプローラーのウィンドウが画面に表示されている場合、これらのアプリケーションウィンドウの移動が異常に遅くなることがありました。

・「メール」アプリで、アドレス欄や件名欄へのキーボード入力が断続的に受け付けられなくなる問題に対応しました。

・ファイルエクスプローラーのフォルダービューを使用したファイル名変更の UI に関する問題に対処しました。新しい日本語IMEを使用している場合、UIがインライン合成を適切に処理できないという問題がありました。

・App-Vを使用すると、資格情報ページでのサインイン時に黒い画面が断続的に表示される問題に対応しました。

・インターネットプリントサーバーで、変更されたプリンタのプロパティをクライアントに送信する前に正しくパッケージ化できないという既知の問題に対処しました。.

・次のレジストリ値に対するグループポリシー設定を実装します。

レジストリの場所 HKLMSoftware\Policies\Microsoft\Windows NT\Printers\PointAndPrint

値の名前 RestrictDriverInstallationToAdministrators
Value data: 1

詳しくは、KB5005652をご覧ください。

・Xbox Game Barの録画機能が使用できなくなる可能性がある問題に対処しました。

・音声アシスタントで録音した音声に歪みが生じる場合がある問題に対応しました。

・pTokenPrivileges バッファが解放されないと lsass.exe でメモリリークが発生する問題に対処しました。

・Xbox Game Bar の録画機能が利用できない場合がある問題に対応しました。

・音声アシスタントで録音した音声に歪みが生じる場合がある問題に対応しました。

・pTokenPrivileges バッファが解放されないと lsass.exe でメモリリークが発生する問題に対処しました。

・Kerberos.dllがLocal Security Authority Subsystem Service(LSASS)内で動作しなくなることがある問題に対処しました。この問題は、LSASSが同一クライアントユーザーに対するS4U(Service for User)のユーザー対ユーザー(U2U)リクエストを同時に処理すると発生していました。

・UxSFプールタグからのノンページドプール(NPP)のリークに関する問題に対処しました。このリークは、lsass.exeが非同期のセキュリティサポートプロバイダインタフェース(SSPI)呼び出しの処理を停止したときに発生していました。

・シンリープロビジョニングされた仮想マシン(VM)でBitLockerを有効にできないという問題に対処しました。エラーは「システムに接続されているデバイスが機能していません」で、システムログには「STATUS_UNSUCCESSFUL」が記録されます。

・大量の帯域幅を必要とするUDP(User Datagram Protocol)アプリケーションがある環境でのMsSense.exeのパフォーマンスが向上しました。

・Windows Defender Exploit Protectionで、特定のプロセッサを搭載したマシン上で一部のMicrosoft Officeアプリケーションが動作しないという問題に対処しました。

・クイックアシストで、Azure Active Directory (Azure AD) Active Directory Federation Services (ADFS)ユーザの認証情報を有効にします。

・クイックアシストのユーザがリモートアシスタンスセッションを開始した後に全画面表示を使用できないことがあるという問題に対処しました。

・Set-RDSessionCollectionConfigurationでcamerastoredirect:s:valueカスタムプロパティが設定されないという問題に対処しました。

・RemoteAppシナリオでIMEモードが不安定になる問題が解決されました。このアップデートは、Remote DesktopサーバーおよびRemote Desktopクライアントにインストールする必要があります。

・RemoteAppを終了してもIMEツールバーが表示される問題に対処しました。

・explorer.exeで発生するVirtual Desktop IDのレジストリキーのページングプールメモリーリークに対処しました。

・砂漠のテーマを使用しているときにハイパーリンクにカーソルを置いたときに、ハイパーリンクがより明確になるようにするなど、コントラストテーマの色を若干調整しました。

・特定のケースでスタートメニューが開いているときに、Narratorや他のスクリーンリーダーがアナウンスできない問題に対処しました。

・検索インデックスが特定の方法で破損した場合に、タスクバーやファイルエクスプローラーを使用して検索しようとすると失敗するという問題に対処しました。

・セカンダリモニターに検索ウィンドウが表示されないという問題に対応しました。

・ネットワークドライブをマッピングしたときに、ファイルエクスプローラーのウィンドウのフォーカスが失われることがあるという問題に対処しました。

・スライドショーを設定した場合に、ロック画面が黒く表示されることがある問題に対応しました。

・LogonUI.exeの信頼性の問題に対処しました。この問題は、資格情報画面のネットワークステータステキストのレンダリングに影響していました。

・Shiftキーを押しながらタスクバーのアプリのアイコンをクリックすると、そのアプリの複数のインスタンスを開くことができないという問題に対処しました。

・タスクバーのチャットアイコンのビジュアルデザインとアニメーションを更新しました。

・他のユーザがサインインしていない状態でシャットダウンまたは再起動すると、他のユーザの保存されていない作業が失われるという警告を削除しました。

・ポリシー「システム再起動時に指定日数より古いユーザープロファイルを削除する」を設定した場合に発生する可能性がある問題に対処しました。ポリシーで指定された日数よりも長くユーザーがサインインしている場合、デバイスの起動時にプロファイルが予期せず削除されることがありました。

・特定の状況下で、RDP(Remote Desktop Protocol)サービスへの接続を確立できなかったり、RDP接続が直ちに切断されたりする問題に対処しました。

・特定のBluetoothマウスおよびキーボードで入力の遅延が発生する可能性がある問題に対処しました。

・ビデオドライバーのアップグレード後にスタートメニューが開かなくなるという問題に対処しました。

・ダウンタイムの推定値が少なくとも2分以上である場合の精度を改善しました。

・Privileged Access Management(PAM)導入時に報告されたLocal Security Authority Subsystem Service(LSASS)ドメインコントローラのメモリリークに対処しました。

・LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のバインドキャッシュがいっぱいになり、LDAPクライアントライブラリが参照を受け取ったときに発生する問題に対処しました。

・Adamsync.exeで、大規模なActive Directoryサブツリーの同期に影響する問題に対処しました。

・オフラインファイルが有効な場合にデッドロックが発生する問題に対処しました。その結果、CscEnpDereferenceEntryInternalは親ロックと子ロックを保持します。

・次のグループポリシー設定で、ピリオドまたはドット(.)で区切られたIPアドレスを、完全修飾されたホスト名と入れ替えて構成する機能が追加されました。

パッケージ ポイント&プリント – 承認されたサーバー

ポイント&プリントの制限

・既知の問題に対処しました。この問題では、デバイスがネットワークプリンターに初めて接続するときに、プリンタードライバーのダウンロードとインストールができない場合があります。この問題は、プリントサーバーを使用してプリンターにアクセスするデバイスで確認されていました。

・IPP(Internet Printing Protocol)を使用するプリンターのインストールが正常に行われないことがあるという既知の問題に対処しました。

以前の更新プログラムをインストールした場合は、このパッケージに含まれる新しい修正プログラムのみがダウンロードされ、デバイスにインストールされます。

・Windows 11 サービシング・スタック・アップデート – 22000.280
この更新プログラムは、Windows の更新プログラムをインストールするコンポーネントであるサービシースタックの品質を向上させます。サービシング・スタック・アップデート(SSU)により、堅牢で信頼性の高いサービシング・スタックが確保され、デバイスがマイクロソフトのアップデートを受信してインストールできるようになります。

・このアップデートの既知の問題
マイクロソフトでは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

.NET Framework 3.5 and 4.8 for Windows 11リリース(英語):
https://support.microsoft.com/en-au/topic/october-21-2021-kb5006363-cumulative-update-preview-for-net-framework-3-5-and-4-8-for-windows-11-8670e860-d20f-4c9b-b506-511c4d2e8470

詳細:
品質と信頼性の向上
CLR1
– ManagementEventWatcher がアクティブなときにプログラムが終了すると発生するクラッシュに対応しました。
共通言語ランタイム (CLR1)

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

SONY、国内版 Xperia PRO「XQ-AQ52」 に対して2021年9月1日付セキュリティパッチ付きOTA配信開始

xperia pro

xperia pro


今回の更新も容量が少し大きく、ノーマルのXperiaに含まれていたYouTube系の検索エラーなどが修正されています。

OTA容量:321.0MB

ビルド番号:58.1.A.5.441

更新内容:
https://xperia.sony.jp/support/software/update/xq-aq52/

詳細:
・セキュリティ更新(セキュリティパッチレベルが2021年9月となります。)

・Game Enhancerの以下の不具合を修正しました。
- YouTubeの検索ができない
- 録画ファイルの長さが実際より長くなる

・軽微な不具合を修正しました。

Androidセキュリティパッチレベル:2021年9月1日

Googleシステムアップデート:2021年8月1日

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, Sony, アップデート, カメラ, ガジェット関連 | タグ: , , , , , , | コメントする

【緊急】Sixapart、Movable Type 7 r.5003 / Movable Type 6.8.3 / Movable Type Premium 1.47 の提供を開始

MovableType

MovableType


かなり深刻度の高い脆弱性が発見されたため、早急なアップデートを推奨します。

リリース:
https://www.sixapart.jp/movabletype/news/2021/10/20-1100.html

・セキュリティ問題の修正について
XMLRPC API を経由した OS コマンドインジェクションの脆弱性を修正しました。
(CVE-2021-20837)

・対象となるバージョン
Movable Type 4.0 以上(Advanced、Premium も含む)が対象

Movable Type 7 r.5003 リリースノート:
https://www.movabletype.jp/release-notes/70/r5003.html

Movable Type Premium / Movable Type Premium (Advanced Edition) 1.47 について
https://www.movabletype.jp/release-notes/mtp/1.47.html

Movable Type 6.8.3 について
https://www.movabletype.jp/release-notes/683.html

脆弱性詳細(英語):
https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2021-20837

現場からは以上です。





カテゴリー: CMS, PC, VPS, アップデート, アフィリエイト, ソーシャル関連, レンタルサーバ | タグ: , , , , , , , , | コメントする

ONE-Netbook、国内版 ONEX PLAYERに向けてWindows 11インストール用TPM2.0有効化BIOSと対応コントローラドライバの配信開始。Windows11自動アップデートに対応

ONEXPLAYER

ONEXPLAYER


予告通り、10月20日(実際には10月19日夕方)に告知と配信が開始されました。
ただ、BIOSの種類が複数あり、間違えると文鎮化の可能性はゼロではありません。

!!以下、必ず自己責任でお願いします!!

手順:
1
BIOSのダウンロードとインストール
ダウンロード(42.4MB):
https://onedrive.live.com/?authkey=%21AJo4z8X4EWusTd8&id=568CBBC00F505829%218822&cid=568CBBC00F505829
ファイル名:ONEXPLAYER-TPM-BIOS-Auto.zip(上記リンク差し替え済み)
更新ファイル名:ONEXPLAYER-TPM-BIOS-Auto1.0NEW.zip(上記リンクファイル)

上記BIOSのzipファイルを解凍し、フォルダにある「FBIOS.cmd」というファイルを右クリックし、管理者として実行を選択します。
なにかキーを押して続行するように促されますので、その通りキーを押すことで次のステップに進みます。
PCIエラーなどを吐く場合があり、緊急で翌日に更新ファイルがリリースされました。
内部のデータを見ると、再起動するようにコマンドが追加されていました。

ここが一番大事なのですが、本体のキックスタンド裏にシリアルナンバーが書かれていて、その上のバーコード上表記の型番と最後の2桁「01」「02」「03」が記載されているかと思います。(モデルにより3種類あります)
モデル選択の上記コマンドプロンプト画面で、そこの2桁数字を入れてエンターを押してください。
その後は何もせずBIOSが全て書きこまれて100%完了し、コマンドプロンプトでキーを押して終了する、となるまで何もしないでください。
これでBIOSの更新は完了です。再起動します。
(再起動後にスプラッシュロゴが出てくるのに通常よりかなり時間がかかるため、かなり焦りますが放置してください。電源などを触ってはいけません)
再起動後、デバイスマネージャからセキュリティデバイスという項目が現れ、トラステッドプラットフォームモジュール2.0という表示があれば完璧です。
どうも、再起動しないとデバイスマネージャに表示されないようです。

2
Windows11対応のコントローラドライバのダウンロード
ダウンロード(190KB):
https://onedrive.live.com/?authkey=%21AN0nbnTTVVqb%5FSE&cid=568CBBC00F505829&id=568CBBC00F505829%218789&parId=568CBBC00F505829%214788&action=locate
ファイル名:GP 0x15.zip
ここでもChromeやセキュリティソフトに危険と判断されブロックされる可能性がありますが、特にそういった意図のあるソフトウェアではありませんので、ほかのブラウザにしてアンチウィルスソフトを切っておきましょう。
解凍すると「BM808(T08)-2021.7.30-17.37-0X15.exe」というファイルが入っています。
こちらはただダブルクリックして実行するだけで起動しますので、書いてある通りSTARTボタンを押して更新を完了させてください。更新中、ずっとバイブレータ機能が稼働するので若干うるさいです。

3
WindowsインストールアシスタントによるWindows11のインストール
ダウンロード(12MB):
https://onedrive.live.com/?authkey=%21AMEacSmok2794Tg&id=568CBBC00F505829%218820&cid=568CBBC00F505829
ファイル名:Win11tool.zip
こちらは解凍するとフォルダ2個が作られます。
そのうちのISOには何も入っていないので、Toolフォルダにある「Windows11InstallationAssistant.exe」を実行します。
これはMS純正のアプリケーションで、11にアップデートするためのソフトウェアです。
ただ、ここでPC正常性チェックのダウンロードを求められるので、以下よりダウンロードしてみてください。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11#pchealthcheck
ここで「Windows11InstallationAssistant.exe」を実行中のまま正常性チェックを走らせることで、上記アシスタントによるインストールが可能になり、ダウンロードが始まります。その後インストール、再起動(一時再起動中に横画面になります)
だいたい20分前後でかなりあっさりと終わりますので、じっと待ちましょう。

上記にて、ONEXPLAYERをWindows11にアップグレードが可能となります。

また、追記ですが、Windows11にセキュリティパッチを当てた状態だとグラフィックドライバが27系の古いものになってしまい、一部のゲームでクラッシュしますので、最終の仕上げとして以下の最新版Intelグラフィックドライバを導入しましょう。

4
グラフィックドライバの更新
ダウンロード(544MB):
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/download/19344/intel-graphics-windows-dch-drivers.html
ファイル名:igfx_win_100.9955.zip

これで全て完了です。
当方環境では、若干パフォーマンスが上がったように感じます。
CyberPunk2077など、重いゲームも特に問題なくプレイ可能となっていました。

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

Google、既存Pixel端末に向けてAndroid 12 正式版配信開始。Pixel3以降全てのPixel端末に配信中でセキュリティパッチ2021年10月5日、GooglePlayシステムソフトウェア9月1日に更新

Android11ロゴ

Android11ロゴ


とうとう全端末向けに配信が開始されました。
当方の環境では、GooglePlayストアの一部が英語表記のままとなっている程度で、それ以外に不具合らしい不具合はありません。

一度、ランチャーを含めてアプリの並びなどをリセットしてもよいかと思います。

また、6月からのアップデートには以下の機能更新が含まれます。

ソフトバンク版、au版Pixel 5、4a 5G:5Gサービスエリア拡大への対応(3.5GHz帯を利用した5Gサービス)

OTA更新サイズ:
Pixel 6Pro:MB
Pixel 6:MB
Pixel 5a:1.84GB
Pixel 5:1.90GB
Pixel 4a/4a 5G:1.82 / 1.82MB
Pixel 4:1.84GB
Pixel 4XL:1.84GB
Pixel 3:1.84GB
Pixel 3XL:1.84GB
Pixel 3a:1.84GB
Pixel 3a XL:1.84GB

国内配信ビルド番号:
SP1A.210812.015(すべて共通)

sideload用OTAファイルサイズ:1.7~1.5GB(機種依存)

Pixel6Pro、Pixel6、Pixel5a、Pixel 5、Pixel 4a、Pixel 4/XL、Pixel 3/3XL、3a/3a XLアップデート所要時間:20分前後
(アプリ最適化に時間がかかります)
アップデート画面から「インストールしています」状態で何も動かないと思っても、電源を切ったりしないでください。
ちゃんと進んでいます。インストールされているアプリが多いほど時間がかかります。
Android9以降から、端末を使いながらでもアップデートできるようになったための措置です。

Android のセキュリティ情報:
https://source.android.com/security/bulletin/2021-10-01
こちらでは今月のみ10月1日分しか配信されていませんが10個の対応がされています。10月5日分も掲載されており、こちらでは41個の対応がされています。Android全体としては10月5日分までで51個の脆弱性が修正されている計算です。一部MediaTek製チップの脆弱性も合算している場合があるので、トータルでは少なくなることがあります。

Pixel Update Bulletin(英語):
https://source.android.com/security/bulletin/pixel/2021-10-01
今回は、Pixel固有の脆弱性として10月分は20個、対応されています。

Google Play セキュリティアップデート:
https://source.android.com/security/bulletin/2021-09-01#google-play-system-updates
2021年10月1日(提供なし)
2021年9月1日(1件の脆弱性に対応、Pixel端末から順次配信中)
2021年8月1日(3件の脆弱性に対応、2021年8月25日前後に順次配信開始、25MB)

Pixel機能性パッチ:

Android 12の特設ページに記載があります。
https://developer.android.com/about/versions/12

Pixelフォーラム(英語):
https://support.google.com/pixelphone/thread/129266488/google-android-pixel-security-update-oct-2021

Androidセキュリティパッチレベル:
2021年10月5日

キャリアからのアップデート告知:

Google Pixel 5 OSアップデート情報
https://www.au.com/information/notice_mobile/update/update-202110-pixel5/

Google Pixel 3a、Google Pixel 3a XLをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20211020-02/

Google Pixel 3、Google Pixel 3 XLをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20211020-01/

Google Pixel 4a(5G)、Google Pixel 5をご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20211020-05/

Google Pixel 4aをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20211020-04/

Google Pixel 4、Google Pixel 4 XLをご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20211020-03/

Google Pixel 5a(5G)をご利用中のお客さまへ
https://www.softbank.jp/mobile/info/personal/software/20211020-06/

OTA更新処理方法:
Windows 10 Creators Update によるOTA sideload 方法の変更
Creators Updateからはコマンドプロンプトに代わり、PowerShellを使います。
コマンドは、いままでadb sideloadでしたが、.\adb sideload に変更になります。
あとはいつもと同じです。コマンドの使い方が異なりますのでご注意ください。

Factory Image一覧:
https://developers.google.com/android/images

OTAファイル一覧:
https://developers.google.com/android/ota

直接OTAリンク:
Pixel 6Pro:未配信
Pixel 6:未配信
Pixel 5a:SP1A.210812.015 Download link Android11 (国内配信ビルド)
Pixel 5:SP1A.210812.015 Download link Android11 (国内配信ビルド)
Pixel 4a 5G:SP1A.210812.015 Download link Android11 (国内配信ビルド)
Pixel 4a:SP1A.210812.015 Download link Android11 (国内配信ビルド)
Pixel 4XL:SP1A.210812.015 Download link Android 11 (国内配信ビルド)
Pixel 4:SP1A.210812.015 Download Link Android 11 (国内配信ビルド)
Pixel 3a XL:SP1A.210812.015 Download link Android 11 (国内配信ビルド)
Pixel 3a:SP1A.210812.015 Download link Android 11 (国内配信ビルド)
Pixel 3XL:SP1A.210812.015 Download link Android 11 (国内配信ビルド)
Pixel 3:SP1A.210812.015 Download link Android 11(国内配信ビルド)

Pixel 2については、2020年12月のOTAをもってサポートが終了しています。
Pixel 3シリーズについても、2021年10月、今回のアップデートをもってサポートが終了予定となっております。

デバイスごとのサポート期間について:
https://support.google.com/nexus/answer/4457705?hl=ja

2021/10/20:OTAアップデート配信開始、キャリア告知追記、更新終了

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, アップデート, ガジェット関連 | タグ: , , , , , , , | コメントする

Google Chrome 95.0.4638.54 正式版配信開始。旧OS向けに延長サポート用バージョン 94.0.4606.101 同時提供中。危険度「高」5件を含む合計19件の脆弱性の修正と新機能搭載のメジャーアップデート

GoogleChrome

GoogleChrome


ついにバージョン95が正式版となりました。
Android版もiOS版も随時アップデートされています。
また、バージョン94の延長サポート版も提供されています。

今回のバージョンから、Windowsは10以降のみ原則対応となりました。
Windows 7 などは、来年1月から延長サポート版のみのサポートとなります。

Chrome Releases(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2021/10/stable-channel-update-for-desktop_19.html

延長サポート版(英語):
https://chromereleases.googleblog.com/2021/10/extended-stable-channel-update-for.html

現場からは以上です。





カテゴリー: Android, Google, Mac, macOS, PC, Windows, アップデート, ガジェット関連, パソコン関連 | タグ: , , , , , , | コメントする

Intel、2021年10月14日付で、第六世代以降の統合型グラフィックスドライバ「30.0.100.9955」配信開始。第10世代プロセッサでのHEVCやH.264のエンコードをサポート、既存タイトルへのバグ修正など

Intel-Iris-Xe-graphics

Intel-Iris-Xe-graphics


今回は新規タイトルへのサポート追加というより、既存タイトルへの修正がメインです。

ダウンロード:
https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/download/19344/intel-graphics-windows-dch-drivers.html

解決した問題:
CyberPunk2077(DX12)やHitman2、Wolfenstein、MetroiExodusなどでのマイナーなグラフィックのエラーを修正

新機能:
グラフィックスがインテル® Iris® Plus以上の第 10 世代インテル® Core™ プロセッサー向け Microsoft Windows® 11 で H264 および HEVC DX12 ビデオ・エンコードをサポート。

リリースノート(PDF):
https://downloadmirror.intel.com/677976/ReleaseNotes_100.9955.pdf

現場からは以上です。





カテゴリー: Microsoft, PC, Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , | コメントする

NVIDIA、Windows 11、10のみに向けた初のGeForce GameReadyドライバ「496.13 WHQL」配信開始。このバージョンからサポートOSがWindows 10以降のみに

nvidia

nvidia


1ヶ月前のドライバよりだいぶバージョン番号が進みました。
機能改善が多いわけではないようですが、新規タイトルへの対応などは相変わらず早いです。
また、今回からドライバ全体のダウンロードサイズが100MB弱大きくなっています。

ダウンロード:
https://www.nvidia.co.jp/Download/driverResults.aspx/181116/jp

新規対応ゲーム:
「Back 4 Blood」
「The Riftbreaker」
「Crysis Remastered Trilogy」

DLSS対応ゲーム追加分:
Baldur’s Gate 3
Rise of the Tomb Raider
Shadow of the Tomb Raider
Chivalry 2
Sword and Fairy 7
Swords of Legends Online
フィスト 紅蓮城の闇
Alan Wake Remastered

現場からは以上です。





カテゴリー: Windows, アップデート, パソコン関連 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする